フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« FMシンフォニー・コンサート収録 | トップページ | 鳥は静かに...@東京シティフィル定期 »

2008年2月 1日 (金)

鳥たちの時代@日本フィル定期

Birdage_2

 日本フィル定期の「鳥たちの時代」を聴きにサントリーホールへ。光栄にもシベリウス師の第1番・第7番に挟まれての師弟競演(?)というわけでプログラムの曲目解説も担当。指揮は井上道義氏。

 この曲、1986年(22年前!)に日本フィルの委嘱で作曲されたもので、私としては初めての本格的なオーケストラ作品。初演の指揮は井上道義氏で、その後日本フィルでは(1996年のヨーロッパ・ツアーなども含めて)何度も再演していただきCDにもなっているが、井上氏の指揮では初演以来22年ぶり。

 メールで「リハーサル(練習)にもぜひ来てください!」とおっしゃっていただいたものの、九州に行ったりしていたので時間が取れず。で、「作曲家は死んでいるものと思って、自由に演奏してください」と返事をしたところ、「ハハハ、さすが〈朱鷺によせる哀歌〉の作曲者。言うことが達観してる」とのご返事。
 まあ、達観…というより、もうすっかり(何を書いたか)忘れてしまっている…と言った方が近いかも知れない(- -;)。

080201 演奏はすばらしく、透明な鳥たちがきらきらと、可愛らしくも夢見るようにホールの大気の中を舞う。井上氏の踊るような指揮は、時にコミカル時にリリカルで、素敵に「鳥」してたし。日本フィルの皆さんの好演にも感謝(師匠の第7番も素晴らしかった!)。

 書いた当人としては…そうだなあ、若い頃の「純真な」自分に出会った感じ(…その後のことを考えると、「ああ、育て方を間違ったなあ」としみじみ思うけれど(+ +;)。再演にもかかわらず、拍手と指揮者にうながされて(思わず)舞台に上がってしまった。

 コンサートは明日(2日)もう一日、同じプログラムで14時から。

« FMシンフォニー・コンサート収録 | トップページ | 鳥は静かに...@東京シティフィル定期 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FMシンフォニー・コンサート収録 | トップページ | 鳥は静かに...@東京シティフィル定期 »