フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 代々幡村音楽館 OPEN | トップページ | 別館OPEN@代々幡村音楽館 »

2008年3月20日 (木)

ベルリン・フィル特番@BS hi

Nhk_bs_hi_march08 NHK衛星ハイビジョン「夢の音楽堂〜ベルリン・フィルのすべて」に出演。13時から20時までの7時間番組(司会:高橋美鈴アナウンサー,ゲスト:土屋邦雄、吉松隆)。

 フルトヴェングラー〜カラヤン〜ザンデルリンク〜ヴァント〜アバド〜ラトル〜小沢征爾との共演で聴く数々の演奏は、打合わせのDVDで聴き、当日スタジオで聴き、また放送で聴いたわけだが、やはり「凄いオーケストラだなあ」という印象。最高性能のスポーツカーを見る感じだ。

 ただし、ベルリン・フィルで43年間ヴィオラを弾いておられた土屋邦雄氏ともども、スタジオのコメントでは結構辛口の苦言もしゃべっていたのだが、「これはカットされるだろうなあ」と思っていたところは漏れなくカット(~ ~)。

 面白かったのを2〜3ご紹介。

 司会「ベルリン・フィルは世界のトップ・オーケストラであるわけなんですが…」「今はトップじゃないですよ。最近の調査では,ウィーン・フィルがトップ,次がコンセルトヘボウで、その次くらいじゃないですか」

 司会「世界各国から優れたプレイヤーが集まっている国際的なオーケストラですよね…」「でも、世界中から優れた牛肉を集めてブレンドしたら、それはもう和牛じゃないでしょ。食品だったら〈産地偽装〉と言われかねない。〈国際的〉は一歩間違えば〈国籍不明〉になりかねないですからね〜」

 司会「カラヤン以降、オーケストラの団員の民主的投票によって,アバド、ラトル…という国際的な指揮者を常任に迎えたわけですが…」「いや、当時、投票の選択肢の中にドイツ人の指揮者が一人もいなかったというのは、国際的だと笑ってすませる問題じゃないですよ。日本の国技のはずの大相撲に日本人の横綱がいないのと同じで、ドイツ人としては内心かなり忸怩たる思いがあるんじゃないですか。イタリア人(アバド)やイギリス人(ラトル)を続けてシェフに迎えたベルリン・フィルは、もはやベートーヴェンやブラームスを弾かせたら天下一品という〈ドイツのオーケストラ〉とは言えなくなっていますしね」

« 代々幡村音楽館 OPEN | トップページ | 別館OPEN@代々幡村音楽館 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

昨日見ました!!
7時間もあっという間でしたね。さすがベルリンPO!
しかし吉松さん終止笑ってらしたのは、そういう理由でしたかw おかしくてたまらなかったんですね。(^^
親父と二人で見てましたがなぜか涙が流れてきました。
なんでだろ別に悲しい話でもないのにね。(戦争のところは悲しいけど)
やっぱりベルリンPOの歴史というのはそれだけ重みが違うということでしょか。

うちでは、見れないんです。
見たいなー・・・sweat02

先日はお世話になりました。
先生をいろいろ検索しているうちに、ここにたどり着きました。
ほんとうはスタジオで、もっときちんと挨拶したかったのですが収録が長引きましたものね。
番組、20日に見ましたけどおもしろく構成されていました。
いつか、吉松先生のところにちゃんとお礼の挨拶に行きたいと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 代々幡村音楽館 OPEN | トップページ | 別館OPEN@代々幡村音楽館 »