フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« CD録音 in 宝塚 | トップページ | 収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」 »

2008年4月25日 (金)

光風会展@国立新美術館

Musium08 六本木の国立新美術館へ、母が毎年作品を出品している「光風会展」を見に行く。

 1912年(明治45年)から開催している洋画と工芸の二部門による公募展で、今回が94回め。以前は上野の都美術館で毎年春に開催していたが、昨年この新しい美術館が出来てからこちらに移転。
 会員の母は工芸部門の「織」。なにやら丸まって考えているように見えるのは、「春を待つ」ポーズなのだそうな。期間は4月29日まで。

 隣で「モジリアニ展」をやっていたので、そちらもブラリと寄ってみる。暗い展示室に並ぶ例の独特で不思議な眼差しの肖像画の群れを眺めていたら、頭の中になぜかベルクの音楽が鳴り出した。

 そう言えば、モジリアニが1884年(〜1920)、ベルクが1885年(〜1935)と、完全に同時代人(学校なら同学年)だし、1915年くらいを境に独特の作風に達したのも同じ。

Modiglianiberg 二人ともハンサムで女性の影が生涯つきまとっているし、作品自体も女性を描いたものが特に傑出している。だからだろうか、どこか似た香りがする。

 御存知のようにモジリアニは35歳の若さで亡くなっているけれど、もう少し長生きしてこの二人が出会っていたら(せめてお互いの芸術を見聞きする機会があったら)…と、見果てぬ「もしも」が六本木の空を駆けめぐる。
 

« CD録音 in 宝塚 | トップページ | 収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

吉松お母様のタペストリー、素敵ですね!線と色の
コンビネーションが、どこか先生のイラストとの共通点が。
モジリアニとベルクの写真ですが、似た香どころか
同一人物の年齢の違う写真かと思いました~(+_+)
ところで、逆に吉松先生ご自身の作品は、誰かの絵を
イメージされたりする事はあるのでしょうか。興味津々
(時々、新日曜美術館でBGMで流れている事が・・・)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« CD録音 in 宝塚 | トップページ | 収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」 »