フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 禁断の地に地デジTV端子 | トップページ | アルビレオ・モード@Naxos Library »

2008年5月15日 (木)

左手のコンチェルト&ピアニスト

Book_x2 左手のピアノがらみの本が2冊出たので、新聞(赤旗)の書評を頼まれる。

 舘野泉さんの「左手のコンチェルト」(佼成出版社)は、左手のピアニストとして活躍している現在から、音楽との出会いにまつわる回想までを語りおろした一冊。優しくにこやかな顔で淡々と語る氏の語り口そのままに(実際、聞き書きをまとめたものとのこと)、左手になられたいきさつや新しい作品のこと、フィンランドに初めて行った時のことやデビュー当時のことなどが綴られ、まるで暖炉の前で話を聞いているような、ほんわかした気持ちになる。

 ハンガリーのピアニスト:ゲザ・ズィチに関する「左手のピアニスト」(河出書房新社)の方は、この音楽家に対する作者(シュミット村木眞寿美)の情熱が伝わってくる一冊。ちょっと前なら、このような無名な音楽家(私もこの本で初めてその名を聞いた)の本など出せなかったに違いないが、舘野泉さんと抱き合わせ(?)にすることで可能になった貴重な力作。ヴィトゲンシュタインら左手のピアニストと作品についての記述も詳しいが、全体の80%はズィチの伝記。リストからマーラーの時代にこんな音楽家もいたのか、と思わず感慨にふけってしまう(…と同時に、冒頭でいきなり私の名前が出てきてちょっとギョッとしてしまった(@ @)

 ちなみに、現在、左手のためのピアノ協奏曲「ケフェウス・ノート」の改訂稿を制作中。改訂と言っても、ピアノパートをいじくるわけではなく、オーケストラを通常の2管編成にするという修正稿(初演はバッハ時代の室内管弦楽編成)。9月4日に関西フィルの定期演奏会(ザ・シンフォニー・ホール)にて初披露の予定。

« 禁断の地に地デジTV端子 | トップページ | アルビレオ・モード@Naxos Library »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 禁断の地に地デジTV端子 | トップページ | アルビレオ・モード@Naxos Library »