フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 打ち合わせ&MacBook | トップページ | Mac環境整備@2008 »

2008年6月10日 (火)

バロック音楽についての雑感

Baroques_2 Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」更新。今回は「バロック音楽についての雑感」。

 バロック音楽を聴くと心が癒されるのはどうしてでしょう?という話から始まった「雑感」だが、個人的にバロック音楽というのは意外と「とがって」「ぎざぎざ」のイメージがある。あまり「穏やか」で「癒し」っぽくない「挑発的な音楽」の気がするのだ。
 
 そう言えば「バロック」というのは、「ロック」と(言葉の)響きが似ている。チェンバロで「ハード・バロック」とか、トリオ・ソナタで「プログレッシヴ・バロック」などというのがあったら、これはちょっと面白いんじゃなかろうか。あるいは「バロックン・ロール」とかね(~ ~;)

« 打ち合わせ&MacBook | トップページ | Mac環境整備@2008 »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

芥川也寸志さんが或る評論でロックのことを「ロックン」と呼んでいたのを思い出しました。ロックンロールの略だからロックンだろうと誤解なさったようです。「ロックンのようなポピュラー音楽は一時の友にはなるが、ただそれだけ。人の終生の友になるのはクラシック音楽だ」といった趣旨の文章で、いま読むとどうにも隔世の感を禁じ得ません。

はじめまして。ブログ楽しく拝見させていただいています。CDも交響曲や最新作サキソフォーン協奏曲も購入させていただいておるものです。私がつねづね思っていることで、吉松様はすでに言及されておられるかもしれませんが、上とは逆にロックバンドのためのソナタ形式等の弦楽四重奏にあたるようなものってないんでしょうか。当然JAZZやROCKの一部ではそうゆうものもあるのでしょうが、クラシックの作曲家の方が作ったエレキギター、ベース、ドラムスのための組曲みたいなものがるといいのになどどおもっております。(昔三○成○氏の○ジエーション・○サみたいなものもありますが)。そんなものをお書きになる予定などありますでしょうか。くだらない話でもうしわけありません。今後もご活躍を祈念しております。

はじめまして、拓さんです。

バロックン・ロール、良い響きです。heart01

スウェーデン出身のギタリスト、イングヴェイ・マルムスティーンさんが同名の曲を弾いています。

へヴィメタミュージシャンですが、一度聴いてみては如何でしょうか?
アタックと言うアルバムに収録されています。

公式サイトです。
ttp://www.yngwie.org/


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 打ち合わせ&MacBook | トップページ | Mac環境整備@2008 »