フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« FMベスト・オブ・クラシック | トップページ | 収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」7月分 »

2008年6月22日 (日)

猫トースト装置

Cattoast エンサイクロペディアの裏(悪魔の辞典)版にアンサイクロペディアというのがある。

 全編エイプリルフールばかりの百科事典とでもいうべきものなのだが、最近見つけた個人的ヒットが、この猫トースト装置。英語版はこちら→Cat-Toast Device

 ・トーストは必ずバターを塗ってある面を下にして落ちる。
 ・猫はどんなに高い所から落ちても必ず足を下にして着地する。

 という2つの法則を利用して、
 ・バターを塗ったトーストを背中にくくりつけた猫を落とす。

 すると、トーストはバターを塗った面を下にして落ちようとし、猫は足を下にして落ちようとするので、両者の反発力によって猫は空中で永久に回転する。
 つまり、ペットの猫とパンとバターさえあれば、地球に優しい(ネコには優しくないが…)無尽蔵のエネルギー(永久機関)が手に入る!!というわけである。



 …というジョーク自体はさほど目新しいものではないけれど、ちょうどスティーヴ・ライヒの作品(特にピアノ・フェーズ!)を聴いている時だったので、笑いのツボにはまってしまった。おまけに、この図解のモデルの黒猫がまたウチのネコそっくりなものだから…。

« FMベスト・オブ・クラシック | トップページ | 収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」7月分 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« FMベスト・オブ・クラシック | トップページ | 収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」7月分 »