フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« ケフェウス・ノート@改訂2管編成版 | トップページ | nanoKEY »

2008年7月 7日 (月)

洞爺湖幻景

Toyako 何年か前、札幌での仕事の後、洞爺湖まで足を伸ばして「あのホテル」←に泊まったことがある。

 見晴らしの良い山のてっぺんに建っているので、部屋から洞爺湖が一望できる大パノラマが広がる最高のロケイション。こういうところにグランドピアノを持ち込んで長期逗留できたら、交響曲の2つや3つ書けそう・・・だが、現実はそう甘くない。(そもそも、こういう処に連泊などしたら、どんなに作曲料もらっても数日で消し飛んでしまうだろうし)

 というわけで、(現実世界では)東京の狭いマンションの一室で電気ピアノとパソコンにまみれて「ケフェウス・ノート」の改訂版スコアをようやく完成したところ。先ほどNHKオフィス企画(楽譜制作)にDATAをメールで送付して、一仕事終了。

 もっとも、昔はオーケストラ作品をひとつ仕上げると、大きなスコアを抱えて浄譜屋さんまで歩いて持って行くという「儀式」があったので、それなりに「ひと仕事終えた」という感慨があったけれど、今はメール添付でマウスのクリックひとつ。何かを「作った」という実感は限りなくゼロに近い。
 
 それに、作曲という仕事は、実際に「音」になるのが(どんなに早くても)数週間から数ヶ月先。下手をすると数年先(あるいは演奏すらされない)ということだってある。当然ながら、演奏された時には、作曲家の魂はもう別の処に行ってしまっているわけで…
 これはもうコミュニケイションの手段としては、考え得る限りもっとも効率の悪いもののひとつに違いない。…と言うより、こんなものをコミュニケイションと言えるのかどうか・・・

 ・・などという空しい愚痴はこれくらいにして、洞爺湖の夢でも見ながら、次の曲のスコアに取りかかるとしようか。

« ケフェウス・ノート@改訂2管編成版 | トップページ | nanoKEY »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

ケフェウス・ノートお疲れさまでした~。!!
NHKで楽譜にしてもらうんですか?TV放送があるといいですねぇ。
聴ける日を楽しみにしてます~~。
次の曲もがんばってください。(^^

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ケフェウス・ノート@改訂2管編成版 | トップページ | nanoKEY »