フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 足湯器 | トップページ | ケフェウス・ノート@改訂2管編成版 »

2008年7月 1日 (火)

収録@芸術劇場「ライヒ特集」

Reichnhk NHK512スタジオにて「芸術劇場」の収録。スティーヴ・ライヒ特集の回の〈情報コーナー〉にガイド役としてゲスト出演する。

 ライヒの音楽(とミニマル・ミュージック)は、前衛音楽が隆盛を極めた60年代現代音楽界ではきわめて冷たくあしらわれていたが、1980年前後にECMレーベルで「18人の音楽家の音楽」や「テヒリム」などの録音が出始めた頃から、ジャンルを超えた音楽ファンの注目を浴びるようになった。私も「テヒリム」はあちこちで絶賛して「現代音楽撲滅運動」の実例?にしたほど。(ちなみに、アルヴォ・ペルトのブームも同じ頃、やはりECMが火付け役だった。プロデューサーであるマンフレート・アイヒャー氏の慧眼には驚くばかりだ)

 そして、最近の若い世代がライヒを知ったのは、1999年にクラブ・ミュージックの人気ミュージシャンたちが集まって「ライヒ・リミックス」というコンピレーション・アルバムを発表したのがきっかけ。ピアソラの場合もそうだったが、音楽シーンを動かすのは専門家たちではなく、常に「愛好家(マニア)」たちだ。以来、彼はマイナー(現代)音楽中最大のメジャー作曲家(??)となった感がある。

 今回は、そんなライヒの「コンポージアム2008」での来日ライヴ・コンサートと、NHKが制作した「ディファレント・トレインズ」の映像とで、この作曲家の世界に迫る。もちろん「生きてる作曲家」の姿が見られるライヴでの演奏も見ものだが、音楽と映像と言葉のリンクを手間暇かけて作り上げた「ディファレント・トレインズ」はNHKならではの労作。受信料のこういう使い方こそ文化国家の国営放送(?)のあるべき姿かと。だまされたと思って是非ご一見を。

 放送:7月4日(金)NHK教育テレビ
 □22:30〜22:48(18分)
 情報コーナー:スティーヴ・ライヒの世界
 司会:中條誠子、ゲスト:吉松隆
 VTR出演:スティーヴ・ライヒ、磯崎新、ピーター・バラカン

 □22:48〜24:17(1時間29分)
 「ダニエル・ヴァリエーションズ」
 「18人の音楽家のための音楽」
  演奏:アンサンブル・モデルン
 ・コンポージアム2008でのライヴ

 □24:17〜24:45(28分)
 「ディファレント・トレインズ」
  演奏:ストリング・カルテット・アルコ

« 足湯器 | トップページ | ケフェウス・ノート@改訂2管編成版 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

初めまして。
この放送、24:00~見ました。
外出していたので、吉松隆さん出演の部分は見逃してしまったのですが、ストリング・クァルテット・アルコの「 ディファレント・トレインズ 」 は最高に面白い映像になっていましたよね。
あの1曲だけでも、最高に幸福な気分になれました。
DVD 欲しいです。 絶対欲しいです!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 足湯器 | トップページ | ケフェウス・ノート@改訂2管編成版 »