フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 京都の一日 | トップページ | 朱鷺の行く末 »

2008年9月28日 (日)

オニオン・バレエ組曲初演@Accordion Works 2008

Accordion 京都からトンボ返りして、浜離宮朝日ホールでの御喜美江さんのアコーディオン・リサイタル(Accordion Works 2008)に、拙作「オニオン・バレエ組曲」の初演を聴きに行く。

 後半の演奏の前に〈ミニミニインタビュー〉とかで急きょ舞台にあがってしゃべる羽目になり、「えーと。今、京都から戻ったばかりで、時差ボケで…」とご挨拶。

 ソロ、ピアノとのデュオ、マリンバも加わってのトリオ、とアコーディオンの魅力全開のコンサート。後半第2部の冒頭に演奏された私の新作組曲(アコーディオン・ソロ)も、見事な演奏で初披露された。

Finalez …のだが、実を言うと、全部で7曲ある内の最後のフィナーレが「どうしても満足行く演奏にならないんです。ごめんなさい」ということで見送りになる…というちょっと珍しい裏幕事情が。

 演奏家のことを考えずに難曲を書くというのは作曲家の性だが、御喜さんというテクニシャンが丸ひと月練習に練習を重ねても1曲だけ弾きこなせず「難しくて涙が出ます」とおっしゃるのだから、これはエライ曲を書いてしまったようだ。

 おっと、これは「タマネギだけに…」というオチを付けるためのネタではありませぬ。念のため。

 いつの日か「全曲版初演」を聴ける日を楽しみに、今日は(時差ボケで)疲れたので、ひとまず夢の世界へ・・・

« 京都の一日 | トップページ | 朱鷺の行く末 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

昨日はほんとうにありがとうございました。「オニオン・バレエ組曲」は素晴らしい音楽です!今日もいろいろな方々からすごい反響でした。しかし演奏のほうはまだまだで、いろいろと心残りがあります。でもフルート曲には15年が必要だったときき、私も時間に希望を託して練習に励みます。 明後日からは中国、4日は天津で「オニオン・バレエ海曲」を演奏します。インターナショナル・アコーディオン・フェスティバルの一環です。

アコーディオンのために、このように美しく夢あふれる音楽を書いてくださって本当に、本当にありがとうございました!!

(^-^;
すみませーん、なんというミスタッチ・・・
「オニオン・バレエ組曲」が海曲になってしまっていました。こんなボロ指だから上手に弾けないのかなぁ。またも涙。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都の一日 | トップページ | 朱鷺の行く末 »