フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« オニオン・バレエ組曲初演@Accordion Works 2008 | トップページ | 会談@ストレンジデイズ »

2008年9月30日 (火)

朱鷺の行く末

Toki2008 今月25日に、佐渡(新潟県)で朱鷺の試験放鳥が行われた。

 朱鷺(Nipponia Nippon)は、かつては日本国内に広く分布する鳥だったが、20世紀にはいって激減したため国際保護鳥・特別天然記念物に指定。1981年1月に佐渡に残された野生の5羽すべてが捕獲され、人工飼育が試みられた。私が「朱鷺によせる哀歌」という曲を発表したのは、まさにこの頃である。

 その後、2003年10月に最後の朱鷺キンが死亡した時点で日本の朱鷺は絶滅。しかし、1999年に中国陝西省に生息していた同一種の〈朱鷺〉を借り入れ、人工繁殖を試みたことで現在では100羽以上がケージの中で育っている。

 今回の試験放鳥は、朱鷺をふたたび佐渡の自然の中に戻す計画の第一歩。10羽が「GPS付き小型発信器を背負い、識別マーカーで着色されて」、絶滅した時よりもっと過酷な「自然」の中へ放たれた。

 このニュース、喜ぶべきなのか、悲しむべきなのか、まったく分からない・・・

 

« オニオン・バレエ組曲初演@Accordion Works 2008 | トップページ | 会談@ストレンジデイズ »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オニオン・バレエ組曲初演@Accordion Works 2008 | トップページ | 会談@ストレンジデイズ »