フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月30日 (木)

風邪@〆切

Kaze ここ数日、風邪で絶不調の中、パーカッション・アンサンブル新作(洗足学園音楽大学打楽器アンサンブル委嘱作品)の最後の仕上げ。

 よせばいいのにちょっと図形っぽい楽譜を組み込んだため、その部分は、Finaleで作成した五線を、一旦PDFで保存し、それをPhotoShopで読み込んで、ページ上で切り貼りレイアウトする……というかなり面倒なことに。

 で、明日からは、新作ピアノ曲(4つのヴィネット)の初演に立ち会うため大阪へ。今月、新幹線に乗るのは(東海道と東北を足して)これで7回目。たぶん私的新記録・・・。

2008年10月28日 (火)

ハイビジョン@ゴジラ

Godzillahd ←忙しい時に限って、こういうのを見てしまうのだなあ。

 25日から、ケーブルTV「日本映画専門チャンネル」でハイビジョン化したゴジラ・シリーズの連続放送中。第1作「ゴジラ」(1954)、第2作「ゴジラの逆襲」(1955)、第3作「キングコング対ゴジラ」(1962)・・・。みんなDVDで持っているのだが、古いフィルムを修正しハイビジョン化した新版とあって、見ないわけにはいかない(^ ^;)

 期待した白黒の第1作(歴史的大傑作!)は、フィルムの傷や汚れが減ったのは分かったが、既に持っているDVDに比べて映像が鮮明になった感じはあまりない。でも、そもそも鮮明でないからこそ怖いのだから、あまりクリアにしないでいいのかも。

 一方、シリーズ初のカラー作品「キンゴジ」はハイビジョン化で明らかに美しくよみがえった感じ。公開当時の「総天然色!」という言葉を思い出して、ちょっとわくわくする。
 ただ、あんまり鮮明になると、特撮のアラが見えてしまうわけで、微妙なところか。

 この後、12月にかけてシリーズ全28作(昭和ゴジラ15作、平成ゴジラ7作、ミレニアム6作)が放送予定。

2008年10月26日 (日)

大学祝典序曲 EX 初演

Wagner150 慶應義塾創立150年記念ワグネル・ソサィエティ特別演奏会(サントリー・ホール)にて「大学祝典序曲EX」の初演(指揮:藤岡幸夫)に立ち会う。

 後半、マーラー「復活」の前座を務める10分ほどの(文字通りの)「序曲」。なぜ「大学」祝典なのかは、聴いていただけば一聴にして分かる仕掛けもあり、若々しく力感のこもった演奏と満員の聴衆の暖かい拍手もあって、なかなか素敵な仕上がりになった。

 こんな曲を書かせてもらう機会があろうとは、当の大学を「中退」している(独学で食わせモノの)作曲家には、まさに「身に余る光栄」と言うしかない。
 なにしろ私の大学時代はと言うと、それこそ「思い出したくない過去」でしかなく、きれいな大ホールで自分の音楽を鳴らすなんて夢のまた夢。
 だから、きらきらしたシャンデリアの下で晴れ晴れと演奏している彼ら後輩諸君を見ていると(羨ましくて)眩しくて目がつぶれる思いも少し。

Ko  音楽というのは、どこまでも素晴らしいけれど、音楽の道はどこまでも険しい。いばらの道であり底なし沼であり地獄の業火であり、しかも一度入ったら抜けられない。
 でも、この泥沼にはまった先輩として言わせてもらえれば、「音楽にはそれだけの価値がある」というところかな。(…などという妄言にだまされてはいけないよ)

 ちなみに、11月8日の〈創立150年念式典〉(日吉キャンパス)では、短縮版にて上演の予定。

2008年10月25日 (土)

秋保

Akiu 仙台へは何回か来ているものの、とんと観光をした覚えがないので、帰る前にちょっとだけ(車で30〜40分ほど)足を伸ばして秋保(あきう)へ。

 まだ紅葉には少し早かったが、前日の雨で水量の増した秋保大滝がなかなか絶景。

 でも、交響詩「滝」は思い浮かばず・・・(+ +;)

2008年10月24日 (金)

リハーサル見学@仙台

Sendai 東北新幹線に揺られて仙台に出向き、仙台ジュニア・オーケストラのリハーサル(旭ヶ丘:青年文化センター)に立ち会う。

 来年、彼らのための新作を書くことになっていて、その下見。本当は2日後に定期演奏会があり、それに伺いたかったのだが、慶應ワグネルのコンサートと重なっているため、急きょ事前のリハーサルを見学することに。

 指揮の山下一史氏や仙台フィルのメンバーの手厚い指導を定期的に受け、青年文化センターの大ホールを練習場所に使えるという好条件もあってか、なかなかの腕前。小学校5年生から高校2年生までの120人ほど(一見したところ女の子が80%!)が繰り出すハイドンやショスタコーヴィチの響きは、可愛いと共に頼もしい。

 さて、どんな曲を書こうか・・・

2008年10月23日 (木)

収録@NHK-FM「オーケストラの夕べ」11月分

Okeyou  NHK405スタジオでFM「オーケストラの夕べ」11月分(2本)の収録。

 11月2日(日)放送分は、ワーグナー「マイスタージンガー」前奏曲、モーツァルト「ヴァイオリン協奏曲第5番(トルコ風)」(vn:堀正文)、ベートーヴェン「交響曲第7番」。指揮:十束尚宏。

 

 ちょっと飛んで11月23日(日)放送分が、ラヴェル「ダフニスとクロエ第2組曲」、グラズノフ「サクソフォン協奏曲」(sax:須川展也)、ショスタコーヴィチ「黄金時代」、同「交響曲第1番」。指揮:ミハイル・プレトニョフ。

 収録を終えて夜、外に出ると雨。

2008年10月22日 (水)

key to touch

Key_to_touch

 10月発売予定のはずのnano-keyがなかなか姿を現さずじれていたら、「ガッキ ト ケータイ」展でこんなmini pianoを発見。auとYAMAHAの共同開発による携帯楽器のひとつ。

Minikey 携帯電話のサイズ(折りたたみ)で音域2オクターヴ。
 鍵盤は単なる固定のボタンではなく、ストローク(キイがタッチに反応する)もあるそうで、これでMIDI仕様なら最強の一台。

 ・・・・なのに、これはあくまでも試作品で、商品化は未定なのだとか。残念。

2008年10月20日 (月)

iPhone@ナビ

Navi このところ(ひきこもりの作曲家のわりに)外出する機会が多い。と言っても、せいぜい国内の近場なのだが、そんな時に実に重宝なのが(最近復活した)愛器 iPhone。

 行く先(なんとか駅とか、なんとかホールとか)を入力すると、現在位置をGPSで割り出し、最寄りの駅まで何分、そこから何時の何行き電車で何分、どこで乗り換えて目的地には何時何分着、運賃はいくら…とアッという間に明示してくれる。うーん、なんて賢いんだろ。

Iphonem こうした実用的な機能のほか、AppStoreで買えるおまけのアプリ(一個100円+消費税くらいから)には、ピアノやギターやメトロノーム、各種パーカッションからガムラン!などというのもあって、中にはヒーリングっぽい音楽を勝手に作ってくれるものまである。

 そのうち交響曲を書いてくれるものも・・・

2008年10月18日 (土)

リハーサル@川崎

Wagnerq 拙作「大学祝典序曲EX」のリハーサルに立ち会うため川崎の教育文化会館へ。指揮:藤岡幸夫、慶應大学ワグネル・ソサイエティ・オーケストラ。

 プロのオーケストラとは比べるべくもないけれど、指摘や注文を受けるとみるみる音が変わり上達してゆくのは実に頼もしい。これが若さというものか。
 ほんの10分の作品だが、(まさにタイトル通り)彼らの・彼らのための・彼らによる音楽。精一杯そして心おきなく鳴らして欲しい。

 本番(初演)は26日(日)サントリー・ホール。(ただし、完売に付きチケットは入手不可能とか)

2008年10月17日 (金)

FMベスト・オブ・クラシック生出演

Fmbestcla_2 夜、NHK-FM「ベスト・オブ・クラシック」のN響コンサート生放送に解説でゲスト出演。(司会:山田美也子さん)

 曲目は、スメタナの(初めて聴く)交響詩「ハーコン・ヤール」、ショスタコーヴィチの(大好きな)「チェロ協奏曲第1番」(vc:エンリコ・ディンド)、そしてメンデルスゾーンの(ちょっと苦手な)交響曲第3番「スコットランド」。指揮はジャナンドレア・ノセダ。

       *

Macbook08 渋谷のNHKホールに行く途中で公園通りのAppleStoreに寄り、新しいMacBookを見つける。

 いいなあ、これ。

(でも、Blackの愛機があるんだった…)

2008年10月16日 (木)

自家製CD@ライヴ in 宝塚

Cdvega2008_3 宝塚でのコンサートの録音MDから、自家製CDを作成する。

 MDをデッキで再生し→キャプチャ(UA3-FX)に繋ぎ→USBでMacに入力。
 それをSound Itというソフトで編集し→曲ごとにMPEG(mp4)というデータに変換。
 iTunesで曲順に並べ→CD-Rに焼く。

 ジャケット紙面は、ToastというCD作成ソフト付属のDiscusで作成し(イラストを貼り付け、文字をレイアウトする)→A4の光沢紙に印刷。それをジャケットサイズに切り取り→CDケースにはめ込む。

 CDの盤面は、プリンタ(Canon PIXUS)付属のCDデザインソフトで作成し(同じく、イラストと文字をレイアウト)→印刷対応のCD-Rに印刷。・・・という手順。

Cd 出来上がったのは、お話や拍手も入った全長のコンサート記録(1時間45分)CD2枚組。そして、音楽だけを編集したCD(70分)1枚。
 制作時間は…音の編集とCD-R制作に2時間、ジャケットと盤面のデザインと印刷に2時間といったところ。

 結構きれいに仕上がったCDを見ながら、「ふふ…、こういうことが出来る時代になったのだな」…と、しばし感慨にふける。

2008年10月15日 (水)

iPhone 修理

Iphonex iPhoneが故障したのでApple Storeへ修理に出向く。

・症状:動作が重くなり、気が付くと電話受信・3Gとも受け付けなくなる。電源オフ→再起動を試みると「iTunesにつなげ」という画面。

・復元:MacBookでiTunesにつなぎ「復元」をクリック。バックアップは完了するも、症状は変わらず。そこで、追加アプリケーションなどをすべて外し「工場出荷の初期状態」にして「復元」。それでも、症状はそのまま。

・状態:以後、時々発作的に「再起動」(白リンゴ状態)になって沈黙し、画面に戻ると「アクティベーション中です。しばらくお待ちください」の文字。これを延々と繰り返し、電池を浪費し続けるという半病人状態。

・治療:仕方ないのでApple Storeのジニアス・バーへ持ち込む。症状を説明すると「ああ、それはたぶん交換になりますね」と言われ、あっさり新品を渡されて15分ほどで治療?終了。

 帰宅後、MacBookにバックアップしてあったデータを同期し、無事復活。しかし、ちょっぴり信用をなくしたね。キミ。

2008年10月14日 (火)

ネットde豪遊クラシック

Golog @Niftyのサイト「語ろ具」ネットDE豪遊クラシックに連載(クラシック漫遊ガイド)を始める。

 Naxosのミュージック・ライブラリとリンクし、連載に掲載されているクラシック名曲は無料試聴できるという画期的なクラシック入門ガイドである。

 このNaxosのライブラリはとにかく曲の在庫が圧倒的(CD2万枚、曲数は30万曲以上なんだとか)で、どんな作曲家のどんな曲(珍品)でも「ないものはない」と思われるほど。私も、知らない曲・聴いたことのない曲(&聞いたことのない作曲家)を調べる時に愛用しているヘビー・ユーザーの一人。

 ちなみに私の作品も、Chandos録音の全アルバムほかが登録されていて、会員(月額:1,890円)になれば、すべての曲が聴き放題(…それが作曲家にとって良いことなのかどうかはよく分からないが)。

 有名指揮者や演奏家によるいわゆる「名盤」はないが、どんな作品なのか聴いてみるのには極めて有効な(ネットの中の)音楽資料館と言ったところ。

2008年10月13日 (月)

アトム・コンサート@宝塚

20081013vega 宝塚ベガ・ホールでアトム・コンサート開催。正確には、親子のクラシック入門コンサート「河村泰子とアトム・ハーツの仲間たち」。

 カルテット編成(ピアノとお話:河村泰子、フルート:中務晴之、ヴァイオリン:友永健二、チェロ:黒田育世)で、「アトム誕生」「ウランのワルツ」から始まり、「ネコふんじゃったのテーマによる変奏曲」「クラシック名曲メドレー」、各楽器の紹介そして「アトム・ハーツ・クラブ・トリオ第2番」の舞台初演まで盛り沢山の2時間半。
 
 休日昼間の親子コンサートということで、その名の通り子供が半数以上だったのだが、むずかる子もなく、みんなおとなしく静かに聴いていたのが印象的。この子供たちの中から第2の手塚治虫が…というのは期待しすぎにしても、クラシック好きのすてきな大人に育ってくれれば、と切に思う。

Vega02 コンサートの最後は、地元の宝塚少年少女合唱団が加わって、お約束の「鉄腕アトム」の大合唱。

           *

 と、コンサートは大成功だったが、大阪に来てからiPhoneが絶不調。
 東京に帰ったら修理に出さねば。

2008年10月12日 (日)

大阪ふたたび

Osaka Osakab_2

2008年10月10日 (金)

現代音楽はお好き?

Scorexx Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」更新。今回は、ルトスワフスキの「ピアノ協奏曲」の日本上演に絡んで、現代音楽のお話を少し。

 例えば、不可解でわけの分からない新しいモノ(例えば宇宙人)に出くわした時、「友だちに違いない!」と思って近づくか、「敵に違いない!」と思って武器を構えるかは、その〈わけの分からないモノ〉の形状にもよるけれど、反応する側の「性格」が顕著に現れるような気がする。

 何でも無防備に面白がる…というのもちょっと問題があるが、とにかくピストルを撃って機関銃を連射してミサイルぶっ放して、相手が動かなくなってから近づく…というような(どこかの国みたいな)出会いはつまらない。

 ヘンなもの、新しいモノは、ひとまず面白がろう。
 現代音楽は噛みつきません。(…たぶん)

          *

Trio ↑と、上の原稿をupしてから、13日のアトム・コンサートのリハーサルに立ち会うため大阪へ。

 オーケストラ版からカルテット版(flute,violin,cello & piano)にアレンジし直した名曲メドレー(コンガラガリアン狂詩曲)がなかなか面白い仕上がり。…あともう一歩でお笑いコミック・カルテット?になりそう。さすが関西!?(^ ^)¥。

 夕方、芦屋で河村泰子さんと一緒に新聞の取材をひとつ。今回のCDと11月のリサイタルの話。

 その後、最終ひとつ前の新幹線で東京に戻る。
 くたびれた。

2008年10月 8日 (水)

自家製ベスト盤

Cdsamples 新しく仕事をする相手に〈ヨシマツさんはこんな音楽を書いてます〉と簡単に紹介できるようなCDがないですかね?とマネージャーから言われて、自分の作品の聴き所を集めた「試聴盤CD-R」を試しに作ることにした。

 自家製ベスト盤「グレイテスト・ヒッツ!」みたいなものである。(もちろんマネージメント経由で試聴していただくだけの非売品の見本盤。念のため)

 しかし、そう思い付いて(自分の曲が入っている70〜80枚ほどのCDを引っ張り出し)選曲すべく改めて並べて聴いてみると・・・まあ、なんとも節操なくいろいろな音楽を書いてきたもンだ…としばし呆然(@ @;)。

 鳥ありロックあり邦楽ありジャズありヒーリングあり前衛あり静かなのあり喧しいのあり壊れたのあり耽美的なのありブチ切れたのありお涙頂戴ありイカレたのあり・・・

 それでも(気を取り直して)さしあたり「Type-A:静かで叙情的っぽいの」と「Type-B:賑やかでロックっぽいの」の2枚を赤盤・黒盤みたいに作ってみた。

 ちなみに、レコード会社で作るベスト盤は、どんなに頑張っても自社の録音からしか選曲できないので、こういう超法規的?コンピレーションは不可能。これこそ作曲者本人にしか出来ない贅沢!

(…と思ったが、よく考えてみたら、個人的マニアは自分で買ってきたCDでこういうのを作ってiPodなどで聴いているんでした…)

2008年10月 6日 (月)

来年の打ち合わせ

Nippon NHK-BS番組の打ち合わせ。

 放送の本番自体は来年の3月なのだが、オーケストラ・スコアはその一月前に〆切(つまり2月)、合唱スコアはその半月前(つまり1月)、着手がそこから逆算して一月前(つまり12月)、素材の収集がそのさらに一月前から(つまり11月)・・・と計算してゆくと、あんまり余裕がないような気が…(+ +;)。

 それにしても、このところやけに仕事してる(というより「仕事に巻き込まれている」)。隠居したはずじゃなかったのか?

2008年10月 5日 (日)

インストア・イベント@渋谷

20081005tower 午後、渋谷TOWERレコード(6Fクラシックフロア)にて、CD「アトム・ハーツ・クラブ」発売記念インストア・イベント

 河村泰子(ピアノ)&吉松隆で、トーク+ピアノ・ソロ+サイン会。チェロ(& Finger snap?)の黒田育世さんも駆けつけてくださって、サイン会に加わる。

 このアルバム、編成はクラシックのピアノ三重奏(&四重奏)なのだが音楽は80%ロック。…なので、クラシック・フロアに曲が鳴り渡るとなんとも奇妙な違和感が・・・(+ +;)

2008年10月 3日 (金)

東宝撮影所にて

Tohog なぜか太宰治「ヴィヨンの妻」の映画化作品の音楽を担当することになって、撮影の見学と打ち合わせに東宝の撮影所へ伺う。

 まず入口でゴジラがお出迎え。嬉しくなって思わず写真を撮ってしまうのが「怪獣世代」の性か。

 今回の映画の舞台は終戦直後(昭和21年頃)の東京。ということで、巨大スタジオの中にトタン屋根の家や中野界隈の路地や飲み屋など「昭和の町」のセットが組まれ、まるでタイム・スリップしたような懐かしくも不思議な感覚に襲われる。

Tohoq_4 監督は名匠:根岸吉太郎氏。写真→は、主人公の妻(松たか子)が勤める居酒屋「椿屋」(女将:室井滋)の店内と、中野の飲み屋街のセット。

 日本なのに異国、異国なのに日本…というギリギリの異次元空間。いいなあ。こういうところに紛れ込んで行方不明になってみたい・・・

 映画は、来年の太宰治生誕100年にあわせて秋頃上映の予定。詳しくはそのうち。

2008年10月 2日 (木)

オーケストラ&現代音楽で遊ぶ

Orchestrap とあるオーケストラから現代音楽コンサートの企画の相談を受ける。

 そもそもは、20世紀の現代音楽作品(特に日本)の名作を厳選してシリーズ演奏する…という話だったのだが、現代のオーケストラ作品を集めてきて演奏し、そこに時々委嘱新作を交える…というだけでは普通すぎて、どうも未来を感じない。

 それに、オーケストラが自分でお金を出して自分たちの未来を買おうというのなら、もっとも重要なのは(作曲家が書いた独善的な新作ではなく)オーケストラ自身が聴衆と共有できる「新しいレパートリー」のはず。

 そこで、〈どこでもドア〉ならぬ「何でもオーケストラ」をモットー?に、クラシック名曲からジャズやロック果ては街に流れるメロディの断片まで、何でもかんでもアイデア勝負のオーケストラ版にしてしまい、そこから新しいレパートリーを模索して行こう…という暴走プロジェクトを提案。

 夢は、「面白ければ何をオーケストラ化してもいいで賞」…という新作公募(持ち込み可)のシリーズ化。…なのだが、果たしてそんな無謀な企画が実現するや否や? 

2008年10月 1日 (水)

会談@ストレンジデイズ

Stranged ロック系音楽雑誌「ストレンジデイズ」の編集長:岩本晃市郎氏と会談。

 ビートルズの「ホワイト・アルバム」(1968)を基点にして、70年代以降の音楽を総括する…という特集に、クラシックの作曲家の視点で参画していただけないか?というご相談。

 しかし、そのあたりの話を始めると、と、止まらない。ピンク・フロイド、イエス、エマーソン・レイク&パーマー、キング・クリムゾンは言うまでもなく、ムーディー・ブルース、10cc、フォーカス、キャメル、ルネサンス、マイク・オールドフィールド、アラン・パーソンズ・プロジェクト・・・と、幾らでも出てくる出てくる(^ ^).o0

Beatles この1960年代後半から70年代前半というのは、ロックのみならずクラシック音楽界にも現代音楽界にもジャズ界にも名曲名盤がひしめき、凄い音楽が次々と噴出していたような気がする。

 確かに、あの時代は熱かった。それは、あの頃に青春の真っ只中だったおじさんたちだけの妄想ではない…(と思う)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »