フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« オーケストラ&現代音楽で遊ぶ | トップページ | インストア・イベント@渋谷 »

2008年10月 3日 (金)

東宝撮影所にて

Tohog なぜか太宰治「ヴィヨンの妻」の映画化作品の音楽を担当することになって、撮影の見学と打ち合わせに東宝の撮影所へ伺う。

 まず入口でゴジラがお出迎え。嬉しくなって思わず写真を撮ってしまうのが「怪獣世代」の性か。

 今回の映画の舞台は終戦直後(昭和21年頃)の東京。ということで、巨大スタジオの中にトタン屋根の家や中野界隈の路地や飲み屋など「昭和の町」のセットが組まれ、まるでタイム・スリップしたような懐かしくも不思議な感覚に襲われる。

Tohoq_4 監督は名匠:根岸吉太郎氏。写真→は、主人公の妻(松たか子)が勤める居酒屋「椿屋」(女将:室井滋)の店内と、中野の飲み屋街のセット。

 日本なのに異国、異国なのに日本…というギリギリの異次元空間。いいなあ。こういうところに紛れ込んで行方不明になってみたい・・・

 映画は、来年の太宰治生誕100年にあわせて秋頃上映の予定。詳しくはそのうち。

« オーケストラ&現代音楽で遊ぶ | トップページ | インストア・イベント@渋谷 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

NHK大河ドラマは無理だとしても、吉松さんの映画音楽、かねてから聴きたかったんですよ。
楽しみにしてますね。

吉松先生作曲の校歌なども、いつか聴きたいと思っております。機会がありましたら是非。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オーケストラ&現代音楽で遊ぶ | トップページ | インストア・イベント@渋谷 »