フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 自家製ベスト盤 | トップページ | 大阪ふたたび »

2008年10月10日 (金)

現代音楽はお好き?

Scorexx Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」更新。今回は、ルトスワフスキの「ピアノ協奏曲」の日本上演に絡んで、現代音楽のお話を少し。

 例えば、不可解でわけの分からない新しいモノ(例えば宇宙人)に出くわした時、「友だちに違いない!」と思って近づくか、「敵に違いない!」と思って武器を構えるかは、その〈わけの分からないモノ〉の形状にもよるけれど、反応する側の「性格」が顕著に現れるような気がする。

 何でも無防備に面白がる…というのもちょっと問題があるが、とにかくピストルを撃って機関銃を連射してミサイルぶっ放して、相手が動かなくなってから近づく…というような(どこかの国みたいな)出会いはつまらない。

 ヘンなもの、新しいモノは、ひとまず面白がろう。
 現代音楽は噛みつきません。(…たぶん)

          *

Trio ↑と、上の原稿をupしてから、13日のアトム・コンサートのリハーサルに立ち会うため大阪へ。

 オーケストラ版からカルテット版(flute,violin,cello & piano)にアレンジし直した名曲メドレー(コンガラガリアン狂詩曲)がなかなか面白い仕上がり。…あともう一歩でお笑いコミック・カルテット?になりそう。さすが関西!?(^ ^)¥。

 夕方、芦屋で河村泰子さんと一緒に新聞の取材をひとつ。今回のCDと11月のリサイタルの話。

 その後、最終ひとつ前の新幹線で東京に戻る。
 くたびれた。

« 自家製ベスト盤 | トップページ | 大阪ふたたび »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 自家製ベスト盤 | トップページ | 大阪ふたたび »