フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« ヴィヨンの妻@M初稿 | トップページ | 作曲中につき音信不通 »

2008年11月30日 (日)

M第2稿

Tohog_2 映画「ヴィヨンの妻」音楽サンプルの改訂稿9曲を作って、ふたたび東宝の撮影所で音楽の打ち合わせ。

 まずは台本上でざっと音楽が入る場所をチェックし、MIDIで作った音楽サンプル(Mp3の音データ)を、コンピュータ画面で映像と合わせてみる。

 そして、監督から「ここは、もうちょっと暗い感じがいいなあ」とか「このシーンにも音楽が欲しいね」とか「この場面は少しとぼけた感じでいいんじゃない?」というような注文を書き留めてゆく。

Tohoq なにしろ映画にとって「音楽」は主役ではないけれど、世界を作る重要なファクター。付け方次第で視点ががらりと変わる。

 例えば、主人公がどんな真面目な顔をしていても、重厚な音楽の代わりにすっとぼけた音楽を付ければ「ヒーロー」でなく「へんなオジサン」にも見えてくるわけで…。

 うう、やってみたい・・・(^ ^)¥ 

« ヴィヨンの妻@M初稿 | トップページ | 作曲中につき音信不通 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

音楽を何通りか作って、観客の判断で好きなのを選べるという映画があったら面白いかもしれないですね。もうあるかもしれませんが。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィヨンの妻@M初稿 | トップページ | 作曲中につき音信不通 »