フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 鳥ポリリズム for percussion ensemble | トップページ | 式典前夜 »

2008年11月 5日 (水)

脳科学と芸術

Nokagaku 一文を寄稿した「脳科学と芸術」(工作舎)届く。

 脳と芸術のかかわりを、神経科学や心理学から美術音楽など色々なジャンルの専門家の体験から解き明かす一冊で、私は舘野泉さんのための左手のピアノ作品作曲に因んで〈右脳と左手〉〈左脳と右手〉に関して思うところを述べた「音楽の神が降りてくるところ」という一項(間奏4)を執筆。

 むかし〈心〉とは、その名の通り〈心臓〉に宿ると考えられてきたが、現代では〈脳〉こそが知性と感性の中枢と信じられている。「感動」も「思想」も、脳の構造にその源があるというわけだ。

 でも、コンピュータを見ていると分かる。演算するのがCPUの集積回路だとしても、そこに「心」はない。多彩なソフトやモニタや入力デバイスを得てネットに繋がることで初めてコンピュータは「感じる」端末になる。

 人間も同じだ。
 目や耳や五感で世界とリンクし、情報や記憶を共有することで人は「感じる」端末になる。リンクも共有もなければ、脳はただの箱だ。

« 鳥ポリリズム for percussion ensemble | トップページ | 式典前夜 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥ポリリズム for percussion ensemble | トップページ | 式典前夜 »