フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 猫カメラ | トップページ | nanoKEY来る »

2008年11月25日 (火)

広瀬量平氏死去

Hisoser 24日、作曲家:広瀬量平さんが亡くなった。

 広瀬さんは、かつての「現代音楽の時代」を作った綺羅星のような1930年前後生まれの日本の現代作曲家・・・武満徹(1930)、黛敏郎(1929)、松村禎三(1929)、間宮芳生(1929)、湯浅譲二(1929)、諸井誠(1930)、林光(1931)、外山雄三(1931),三善晃(1933)ら・・・の一人。

 私が作曲家を志した1960年代末から70年代には、彼らは30代後半から40代の脂の乗りきった頃で、(70年の大阪万博をピークとして)毎年毎年名作話題作が生み落とされる様はなかなか壮観だった。まだ現代音楽に勢いが感じられ、熱気のある時代だった。

 私が1981年に「朱鷺によせる哀歌」でデビューした時、いきなり初演直後の会場ロビーで「よかったよ」と声をかけてくださったのが広瀬さんとの出会いだ。
 その後、「朱鷺」の海外初演(メキシコ!)の機会を作ってくれたり、ご自身が入れ込んでいたフルートオーケストラのための新作を書く機会を与えてくださった。その時に「チカプ(鳥)」という曲を書いたおかげで私の「鳥のシリーズ」が始動した。

Hirosecomp 広瀬さんの曲には時々「鳥」が登場する。室内楽曲「打楽器とヴィオラのチェロのためのコンポジション」(1970)ではハーモニクスで鳥が鳴くフレーズがあって、私の「鳥のシリーズ」の元ネタのひとつになっている。作品でも「カラヴィンカ」というインド仏教に因んだ架空の鳥「迦陵頻(かりょうびん)」をテーマにしたものがある。

 広瀬さんの音楽は、(以前ここで言及したルトスワフスキにも通じるのだけれど)自由でアナログな書式が実に面白い。縦に合わせるアンサンブルなんかどうでもよくて、「はい、チェロの次にパーカッション適当に叩いて!」というような遊び心が楽しいのだ。リコーダーや尺八のアンサンブルの曲ではそれが炸裂していて、音の遊びに満ちている。

 でも、個人的に好きなのは、チェロ協奏曲「トリステ」(1975)だろうか。シリアスだが、乾いた抒情がなかなか素敵で、スコアは今も私の仕事場のピアノの横に置いてある。

 あまりじっくりお話ししたことはないが、とにかく精力的に日本中世界中を飛び回っていて、いつも突然現れては汗をかきかき「今XXから帰ってきたところ。これからXXに行って、XXの初演に立ち会って、明日までにXXの曲を書き上げなくちゃ。じゃあね」と消えてゆく。

 忙しいはずで、私がいた頃の現代音楽協会の委員長もやっていて、とにかく人の面倒をよく見る太っ腹の性格。外見も太っ腹で(人のことは言えないが)、ある時、突然「吉松くん、ぼくダイエットを始めたんだ」と言う。
 そこで「どういうダイエットですか?」と聞くと、「夜10時を過ぎたらケーキを食べないことにしたんだよ」。

 ご冥福を・・・という言い方は嫌いなので言わない。でも、今日は一日、広瀬さんの曲を聴いて過ごそうと思う。

« 猫カメラ | トップページ | nanoKEY来る »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

吉松隆さんへ

お久しぶりです。廣瀬さんが亡くなる前日、京都の病院でお別れをしました。
今、ぼくは、悲しくてしょうがありません。
最後の電話で「雨のいい詩がないかなぁ。探してくれないかなぁ」と話してました。
来年、1月9日に、京都で音楽葬がありますが、ぼくは男声合唱で参加します。
昨年でしたか、それともその前の年でしたか?
京都で、舘野さんが吉松さんのコンチェルトを弾いた日の夜に電話があり、
「よかったよ。あの曲を聴いて、一番嫉妬するのは武満だろうね。」と、話していたこと、
ご報告いたします。どこかで、またお話したいものです。生きております。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫カメラ | トップページ | nanoKEY来る »