フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 鳥ポリリズム初演 | トップページ | どうやらクリスマス »

2008年12月22日 (月)

世も末・年の瀬

Nomiya4 NHK-FM「オーケストラの夕べ」来年1月放送分の収録。曲は、ストラヴィンスキー「プルチネルラ」と「春の祭典」ほか。演奏:ダン・エッティンガー指揮東京フィル。放送は1月11日(日)の予定。

 終わってから、NHK-BSの年越しの仕事の打合せ。1月〆切…ということは、この年末年始はずっと楽譜を書いてなければならないわけなのだが、誰も「大変ですね〜」とは言ってくれず、逆に「いいですね〜、仕事があって」と言う。

 野垂れ死に確実と思っていた浮き草稼業の作曲家に仕事があって、堅実かつ真っ当に生きている人たちが首を切られて仕事がない。

 世も末である。

« 鳥ポリリズム初演 | トップページ | どうやらクリスマス »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

先生が音楽を趣味にとどめたまま大学を卒業して就職して勤め人になっているパラレルワールドを想定すると、その世界での吉松隆氏はひょっとすると大不況の煽りで会社を解雇されて今ごろ路頭を彷徨っていたかも分らないわけですね。人生って不思議です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 鳥ポリリズム初演 | トップページ | どうやらクリスマス »