フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 師走に走る | トップページ | ミキシング&トラックダウン »

2008年12月15日 (月)

音楽収録@麻布台

Villon 麻布台のスタジオで、映画「ヴィヨンの妻」の音楽収録。

 6時間ほどかけて、全18曲30分ほどを録音。
 編成は、弦楽アンサンブル、イングリッシュ・ホルン、ギター、ハープ、ピアノ、マリンバほか。

Studio2 通常の劇場用映画では、おそらくこの1.5倍から2倍近い分量の音楽が必要になると思うのだが、根岸吉太郎監督は音楽が少ない作風。それでも、今回は多い方…なんだとか。

 大々的なテーマ音楽…があるわけでもなく、映画はひたひたと寡黙に進み、最後のエンディングロールは何かタイアップの楽曲が入るかも知れない…ということで、作曲家としては労力が少なくてありがたいお仕事…(なのか?)。

Studio ちなみに演奏者は、殺風景なスタジオの中で(人によっては金魚鉢みたいなブースに押し込められて)「M1」とか「M13」とか書いてあるだけの楽譜を弾く。
 中には「森」とか「不安なワルツ」とかタイトルが付いているモノもあるのだが、どんなシーンの音楽かは知る由もない。

 そこで、曲のニュアンスを説明するのに、「ここは松たか子がよよと泣いてるシーンで…」とか「ここで広末涼子が初めてちらっと顔を出すんですよね…」などと説明する。
 すると、そのひと言でがらっと音が変わるのが面白い。
 やっぱり、人間のやる音楽は、こうでなくては…。

 というわけで、明日は、別のスタジオでミキシング&トラックダウン作業。

« 師走に走る | トップページ | ミキシング&トラックダウン »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

時々読ませていただいている片田舎に住む51歳!です。若い頃はFMfan誌をよく読みましたが時代が様変わりしてPCで音楽を聞くようになると、どういう構成にするといい音で聞くのがいいのかわかりません。やはりサウンドボードから普通のステレオ装置につなぐのがいいのかなと最近思い始めています。
吉松さんはどういう構成で聞いていらっしゃいますか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 師走に走る | トップページ | ミキシング&トラックダウン »