フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 無題 | トップページ | 音楽室(1年ぶりに)更新 »

2009年3月21日 (土)

iPhone 読書

Iphoneq iPhoneの読書アプリにずいぶん本がたまった。

 日本語版(Aozora)だと宮澤賢治、太宰治、夏目漱石、芥川龍之介などなど、英語版(Stanza)だと、コナン・ドイル、ルイス・キャロル、マーク・トゥエインなどなど「古典的名作」100冊以上が(この胸ポケットに入るサイズの機器で)どこでも読める。

 …と、それ自体は凄いことなのだが、一冊まるまるiPhoneで読んだことは、まだ…ない。ちゃんと読みたい時は、結局、文庫本サイズで読むことになるからだ。なんやかんや言っても、まだまだ利便性・携帯性・アクセスの早さ、いずれも文庫本の方が上なのだ。

 なにしろ50年来の「本」マニアなので、ネットの普及で「本がなくなる日」が来るとは思わないし、そんな日は来て欲しくない。
 でも、仕事部屋を埋め尽くす本の山を見ていると、これがみんな「透明なデータ」になってくれたらいいのに…と、最近はそう思うことが増えてきたのも事実。

 もちろん、音楽も・・・

« 無題 | トップページ | 音楽室(1年ぶりに)更新 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 無題 | トップページ | 音楽室(1年ぶりに)更新 »