フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 校前歪説剤 | トップページ | 江戸 de チェック »

2009年4月25日 (土)

手塚治虫展

Tezukat 江戸東京博物館で開催中の「手塚治虫展」を見に行く。オープニングセレモニーは(〆切の修羅場で)行かれなかったので、招待状で一般観覧。

 手塚マンガで育ち、アトムの(最初の)TVアニメをリアルタイムで見ていた世代の私としては、「マンガ」の作家がまるでダヴィンチやピカソ並みの「アーティスト」として博物館に展示される時代になったか!と感慨しきり。
 会場には若い人が大勢詰めかけ大盛況で、みんな結構長い時間をかけて熱心に直筆原稿を見つめていたのが印象的。

 個人的には1960年代の作品(アトム中期から、どろろ、火の鳥「鳳凰編」まで)のモーツァルト的な軽やかさと自在さに満ちた世界がベスト。70年代以降(特に劇画を意識し始めてから)は、物語の質は高いものの絵柄に関しては時代に翻弄されている感がしてちょっとつらい気が。
 それに、手塚先生。細かい手元で書くサイズの原稿は天才的筆致なのに、大きな表紙サイズで描いたものはデッサンがちょっと・・・変。
 
 膨大な仕事量には圧倒されるけれど、この半分でも(いや、四分の一でも)「天才」の名は揺るぎません。もっとじっくりゆったり(デッサンも勉強しながら(^ ^;)長生きして書き続けて欲しかったですよ、手塚先生。


 ・・・え?おまえにデッサンのことは言われたくないって?
 す、すみません。
 

« 校前歪説剤 | トップページ | 江戸 de チェック »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 校前歪説剤 | トップページ | 江戸 de チェック »