フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« ぬけられます | トップページ | エルガーの時代 »

2009年5月13日 (水)

阿修羅の背中

Asura 最近、国立博物館での「阿修羅展」の影響でにわか阿修羅ブーム。(フィギュアまであるそうだ!)。

 私も高校の頃(40年前!)彼に魅せられ、何度か興福寺に通い詰めたあげく、最初に書いたオーケストラ曲に「管絃楽のための阿修羅(ASURA)」と命名したほど。なので、このブームはちょっと嬉しい。(ただし、人混みの中で彼を見る気はしないから、展覧会に行こうとまでは思わないけれど)

 それでも、ハイビジョンでの360°映像などを見ることが出来、横の二つの顔や背中までしっかり確認。顔は3つなのに耳は4つあることや、右の顔が下唇をかみしめていること、なぜか左足の薬指だけが長いこと…なども今回気付いた。(…どうでもいいことだけれど)
 
Asurascore01 ちなみに彼をテーマにしたこの曲は、1972年19歳の時に書き上げ、毎日音楽コンクールの作曲部門に参加したもののあえなく落選。演奏されないまま幻の作品に。

 もしその時、この曲が演奏されて作曲家デビューしていたら、あるいはその後、「鳥のシリーズ」ではなくて「天龍八部衆」(天、龍、夜叉、乾闥婆、阿修羅、迦楼羅、緊那羅、摩睺羅伽)などというシリーズを書いていた・・・かも知れない。

 そう思うと、ちょっと遠い目になる。(…どうでもいいことだけれど)

« ぬけられます | トップページ | エルガーの時代 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

吉松先生、
この秘曲は吉松マニア、もとい吉松ファンの私としては是非聴きたいです。シャンドスで録音していただけないのでしょうかね。ついでに初期の管弦楽曲《ドーリアン》も。
そういえば、先生の本業の交響曲の次回作(6番)については話題がないですが、そろそろ重い筆をあげていただきたく・・。

凄い総譜ですね・・・貴重なスコアの1ページをありがとうございます!

先生の総譜は「鳥たちの時代」や「朱鷺によせる哀歌」から最近作まで
一貫して本当に美しくて大好きなのですが、
このスコアからは何か鬼気迫る力強い「生命力」みたいなものも感じられてたまりません・・・

先生、僕もgarjyuさんと同じで、もう是非是非シャンドスで聴かせて頂きたいです!!(もはや懇願、泣)
例えば作品番号超初期作品集(もちろんドーリアン、シリウス賛歌、室内協奏曲も合わせて)とかとか・・・

30年近く前にFMで「朱鷺によせる哀歌」を聴いて「天才だ!!!」と感激して以来、吉松さんの作品は聴けるだけ聴いてきましたが、「忘れっぽい天使」以前の初期の作品は聴く機会がなく、私も聴けるチャンスを熱望しております。それだけに「阿修羅」のページの一部を拝見できたことは大変嬉しく思います。(少し御師匠の交響曲の影響が…?)
録音が困難でしたら、譜面だけでも拝見できればなあ、と思いますが、やはり演奏が前提条件で無理なお話でしょうか?
ともあれ、大感激です。ありがとうございました!!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ぬけられます | トップページ | エルガーの時代 »