フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« ウッドテラスもどき | トップページ | その後のちょっと不思議な話 »

2009年5月29日 (金)

ちょっと不思議な話

Tureututv 先週、休みで森の中のホテルに行った時、本屋でごっそり買い込んで持って行った本の中に「ツレがうつになりまして」(細川貂々:著)という一冊がありました。(こういうお籠もりの際は、推理小説からマンガまでそれこそ多種多様な本を大量に買い込んで行くのです)

Tureutu まじめな性格ゆえに鬱病になってしまった夫(ツレ)との闘病生活を描いたコミック・エッセイ。吾妻ひでお師の「うつうつモノ」にも通じるテーマ…と思い、本屋で手に取ってぱらぱらとめくった時いきなり目に入ったのがこのコマ。(夫が「CD借りてきた」と言うと、「シベリウス?それともブルックナー?」と訊く妻!。なんという素晴らしい会話・・・)

 このコマで何か共振した気がして、お籠もり本の中に加え、・・・読みました。そして、本の帯を見ると、NHK金曜ドラマ「ツレがうつになりまして」(全3回)としてドラマ化されるとのことで、29日(金)10時からの第1回を、・・・見ました。

 するとドラマの冒頭いきなり、ピアノで私の「5月の夢の歌」が流れ出し・・・


 なるほど。世の中にはこういう不思議なこともあるのですね♪

« ウッドテラスもどき | トップページ | その後のちょっと不思議な話 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

拝啓

私は、うつを患って6年目に入りました。
今よりも状態が悪く、休職していたころ、
吉松先生の「交響曲第5番」に、ずいぶんと励まされました。
シベリウスは、第6番がいちばんすきですが、
録音されたCDがあまりないようで、残念です。

敬具

先生の作品をドラマ等に使う場合は予め先生に連絡して許可を取るのかと思っていましたが、違うんでしょうか。

 今たまたまテレビでやってて、「あれっ?この曲って…」と思って調べちゃいました。
やっぱり、吉松さんの作品だったんですね。
しかし、許可なしですか…wobbly

原作者の夫(ツレさん)が先生の曲を大好きで、ぜひ使ってほしいと
お願いしたら採用されたそうですよ。
ツレさんとても喜ばれたそうで。原作者さんのblogに書いてありました。

ツレさんは、吉松先生を信奉される作曲家でもあられました。
以前(うつ時代)、自主製作のCDも出されていました。
童謡系の歌曲ばかりでしたけど、将来は管弦楽もと言う希望を持っていられたと思います。
CDのジャケットは貂々さんの絵でした。
先生の作品では、共通して交響曲第2番を押していたと思います。
改訂版の新しい楽章の追加されたCDが出ないかと話題にしました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ウッドテラスもどき | トップページ | その後のちょっと不思議な話 »