フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« マリンバとインフルエンザとメモリ | トップページ | サイエンス☆音楽@対談 »

2009年6月14日 (日)

透明な書庫のある生活

Ebook 電子書籍eBookがようやくMac対応になった。今までBootCamp経由のWindowsで読んでいたのが、普通にMacになったこともあってか、至極読みやすくなった(ような気がする)。

 もちろん本は昔から「手にとって」というのが理想だけれど、本棚を埋め尽くし床に積み重なっている現状を鑑みると「(さすがに)これ以上増やすのはまずい」と思わずにはいられなくなり、数年前から電子書籍に手を出し始めた次第。

 読みやすさの点ではまだまだ「本」には及ばないが、全く場所を取らないのが最大の利点。もうかれこれ300冊くらいの蔵書があるが、トランクルーム(ネット内の自分の書庫みたいなもの)に入れておけばメモリも食わないうえ、ネットに繋げば(外出先でも旅先でも)いつでも読める。

Emacbook 問題は、まだまだそうやって読める本の在庫が少ないこと(eBookで3万冊くらい。マンガは結構充実しているが一般書籍はわずか)と、MacBookやiPhone(iPod)などの「画面」で本を読むことへの違和感がまったくないか…と言うとそうはいかないこと。

 ただ、個人的にここ数年で音楽の聴き方は、完全に「CD」から「ネット」(NaxosのライブラリやiTunes)に移行してしまっているから、もうあと数年経てば、部屋に(MacBookがあるだけで)本もCDも何もない「シンプルライフ」が現実になる・・・のかも知れない。

« マリンバとインフルエンザとメモリ | トップページ | サイエンス☆音楽@対談 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

『魚座の音楽論』『世紀末音楽ノオト』も早く電子書籍で読めるようにしてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マリンバとインフルエンザとメモリ | トップページ | サイエンス☆音楽@対談 »