フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« チラシ@Design | トップページ | マリンバとインフルエンザとメモリ »

2009年6月10日 (水)

日本のオーケストラ事始め

Orchjapan Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」更新。今回は「日本のオーケストラ事始め」。

 日本の若いピアニストやヴァイオリニストが国際コンクールで優勝したり、指揮者が世界的な舞台で活躍したり、あるいは日本のオーケストラがブラームスやマーラーの名演を聴かせてくれたりするたびに、我が国のクラシック音楽もずいぶん世界的レベルになったものだと感心する。

 でも、「日本人がヨーロッパの昔の音楽をヨーロッパ人みたいに演奏して、それで?」という根源的な(それを言ったらおしまい…的な)疑問も、胸の奥にずっとくすぶり続けている。

 思えば、山田耕筰らが日本で本格的に西洋オーケストラ音楽を育て始めた時点(1920年代)で、当の西洋ではロマン派がとっくに終わっていた…というのが、何とも間が悪いというか、最悪のタイミングだったということなのかも知れない。

 せめてもう20年ほど早く、例えば森鴎外がドイツ留学した(1884年:明治17年)と同じくらいに誰かが音楽留学していたら・・・そして、それがシベリウス(1889年ベルリン留学)のような民族楽派の作曲家に育っていたら・・・

 と、妄想は枯れ野をかけめぐる・・・

« チラシ@Design | トップページ | マリンバとインフルエンザとメモリ »

音楽考」カテゴリの記事

コメント

辻井伸行さんは、田部京子さんに師事されているとのことで、吉松先生の曲も演奏されるのでしょうねぇ。聴いてみたいですよね。
1889年には幸田延さんが音楽留学をしていたそうですが、オーケストラ作品まではいかなかったようで・・・。でも、幸田延のヴァイオリン・ソナタは本当に素晴らしいですよね♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« チラシ@Design | トップページ | マリンバとインフルエンザとメモリ »