フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« コーヒーを淹れるMiniロボット | トップページ | メモリ増設 »

2009年6月23日 (火)

FMシンフォニーコンサート収録&電子音楽ことはじめ

Fmsymq NHK605スタジオで「FMシンフォニーコンサート」7月分2本の収録。

 7月5日(日)放送分は、ビゼー「アルルの女」組曲第2番、ラヴェル「ピアノ協奏曲ト長調」(p:外山啓介)、R=コルサコフ「シェエラザード」。指揮:松尾葉子。
 7月12日(日)放送分は、スメタナ「モルダウ」、ドヴォルザーク「スラブ舞曲集」より、リスト「ハンガリー狂詩曲第2番」、ドヴォルザーク「交響曲第9番:新世界から」。指揮:小林研一郎。

        *

Cdj 拙文を寄稿した CDジャーナル7月号「特集:電子音楽の世界」を読む。私が書いたのは、電子音楽の誕生から黎明期までを俯瞰する第1章「電子音楽ことはじめ」。

 そのむかしは「電子音楽」というと、ピュイーとかガリガリとかいう実験(前衛)音楽と相場が決まっていたが、シンセサイザーやテクノポップが登場し、MIDIもパソコンもノイズもハウスも当たり前に浮遊している現代では、逆に60年代の実験サウンドは「なつかしのレトロ」なのらしい。

 ハーモニカやオルゴールではなく、ピコピコいう電子音が「少年時代のノスタルジー」になる時代が・・・(そんなものが果たして来るのだろうか?と懐疑的だったが)・・・ついに来てしまったようだ。

« コーヒーを淹れるMiniロボット | トップページ | メモリ増設 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コーヒーを淹れるMiniロボット | トップページ | メモリ増設 »