フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« ○@・幻の日食・@○ | トップページ | 無題 »

2009年7月25日 (土)

ひびきコラム

Column 以前ちょっと紹介した少女指揮者が主人公のコミックス「天にひびき」(作:やまむらはじめ。「YOUNG KING アワーズ」(少年画報社)連載中)に、クラシック音楽講座風のおまけコラムを書くことになる。

 一般青少年向けコミックス月刊誌ということなので、「そもそも指揮者はいったい何をやるお仕事なのか?」という身も蓋もない話に始まって、オーケストラやコンサートや楽器や音楽家たちについて(連載と何となく連携しながら)やさしく解説してゆく予定。


 ちなみに私は単行本(や同人誌)でしかコミックスを買わないので、コミックス誌というのを手に取るのは、たぶん小学生の頃「サイボーグ009」を見たさに「少年キング」を愛読して以来45年ぶりくらい(前の皆既日食の頃だ!)。

 というわけで、最近のコミック誌がここまで分厚く(まるでオペラのフルスコアみたいに)なっているとは知らず、その迫力にちょっと驚いてしまった。
 (ただし、昔の月刊漫画誌は、おまけや付録がぎっしり付いていて、それはそれでやたらと分厚かった記憶が・・・)

 掲載は、7月30日発売の9月号から。

« ○@・幻の日食・@○ | トップページ | 無題 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

このコラムについて、ブログ「松浦晋也のL/D」で少しふれられています。

「天にひびき」(やまむらはじめ)が面白くなりそうだ(2009.08.06)
http://smatsu.air-nifty.com/lbyd/2009/08/post-a2e4.html

松浦さんは科学技術ジャーナリストですが、音楽にも詳しく、
先日某所で松浦さんと初めて会ったときに吉松さんの名前を出したところ、
「僕は「ドーリアン」を生で聞きましたよ。ガラガラのホールで」
と言っておられました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ○@・幻の日食・@○ | トップページ | 無題 »