フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 新・動物の謝肉祭 | トップページ | あれから40年・・・ »

2009年7月18日 (土)

パート譜の逆襲

Animals スコアが仕上がったところで、パート譜(フルート、ヴァイオリン、チェロ、ピアノ)の作成にはいる。(今回はパート譜を作る予算がないのである)

 ちなみに Finaleでは、「パート譜を書き出す」という所をクリックすると、瞬時に作ってくれる機能があるのだが、やはりそこは「機械」のやること。…そのままでは使い物にならない。

 以前に比べると随分と賢くはなったけれど、それでも、音符を大きくしたり、レイアウトを見やすく変更したり、ページ割りを調整したり、という修正がまだまだかなり必要。(プロの写譜屋さんの中には「手で書いた方が早いです!」と言い切る人も…)。結局、丸2日ほどかけて全90ページを仕上げる。

 とは言え、昔の…すべて手書きだった頃から思えば、天国のような簡単さだ。なにしろ、十数分くらいのオーケストラ曲のスコアでも、それを清書してパート譜にして校正して・・・というのは(それだけでたっぷり一月以上は潰れる)本当に気が違いそうになるような作業だったのだから!

 45分の交響曲でそれをやったら、間違いなく死ぬ(と思う)。
 5つも書いて生きていられるのは、MacとFinaleのおかげだ。文句を言ったらバチがあたる。ごめん。(でも、もうちょっとだけ賢くなってくれたら、もっと嬉しい…)

« 新・動物の謝肉祭 | トップページ | あれから40年・・・ »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新・動物の謝肉祭 | トップページ | あれから40年・・・ »