フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 秋祭り | トップページ | 25%削減目標 »

2009年9月24日 (木)

FMシンフォニーコンサート10月分収録

Fmsymq ようやく大型連休が終わって、NHK608スタジオで「FMシンフォニーコンサート」10月分の収録。

 10月4日(日)分は、ウェーバー:「魔弾の射手」序曲、ブルッフ:ヴァイオリン協奏曲第1番ト短調(vn:小林美恵)、ブラームス:交響曲第2番ニ長調。下野竜也 指揮 東京フィル。
 10月11日(日)分は、三善晃「ノエシス」、ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第4番ト短調(p:P.マンゴーヴァ)、リヒャルト・シュトラウス「英雄の生涯」。尾高忠明 指揮 東京フィル。

 改めて聴く「英雄の生涯」(意訳すると「ヒーローの一生」)は、英雄(自分)が敵(評論家たち)と戦って勝利するまではともかく、そのあと延々と過去の偉業を回想し、引退して隠居となり最後は伴侶にみとられながら死ぬ…というところまで描いているのが、シュトラウス先生の面目躍如。
 作曲したのは最も血気盛んな御年34歳なのに、よくもそこまで老後を達観できたものだ。実際、彼の85歳の人生を思うと、あまりの符合に怖くなるというか、身につまされるというか。おお、こわ…

« 秋祭り | トップページ | 25%削減目標 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋祭り | トップページ | 25%削減目標 »