フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« KOBE鉄人Project | トップページ | 続モントリオール映画祭 »

2009年9月 5日 (土)

ベンチャーズ in JAPAN

Ventures NHK-BSでベンチャーズの特集番組を見る。なにしろ、初めて買ったLPレコードが「べンチャーズ・イン・ジャパン」(1965年来日公演のライヴ)だったので、懐かしさのあまり、つい。

 小学生の時テレビから流れてきた「ウォーク・ドント・ラン」と「ダイアモンド・ヘッド」を聴いた時のショックは今でも覚えている。完全なインストゥルメンタルで、しかも突っ立って楽器を弾いているだけの音楽なのに、それはそれは衝撃的で「新しい音楽」だった。ビートルズ来日が1966年だから、ビート・ミュージックの洗礼としてはこちらの方が早かったわけだ。

 あれからほぼ半世紀、結成50周年の今でもほぼ毎年来日公演をしているとは知らなかったが、私が知っているメンバーはギターのドン・ウィルソン氏だけ。(リード・ギター:ノーキー・エドワーズ、ベース:ボブ・ボーグル、ドラム:メル・テイラー…おお、まだ空で言える)。現在のドラムスは息子さんなのだとか。
 
 ギターとベースとドラムスだけで「音楽」が作れると明快に示した点では、バンド・ミュージックの原点でありロックの基礎。初めからスタイルが完成されていた分、その後の進化発展は無いに等しく(実際、現在のメンバーでスタジオ・ライヴをやっても、65年の来日公演と同じメドレー同じサウンド!)ビートルズほど音楽的に高い評価は得られていないが、「変化しなくたっていいじゃない、永遠にこのままで!」と思わず呟いてしまうほど、その「お約束」のサウンドは郷愁にまみれて胸に沁みた。

« KOBE鉄人Project | トップページ | 続モントリオール映画祭 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« KOBE鉄人Project | トップページ | 続モントリオール映画祭 »