フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 我思うゆえに第九あり | トップページ | FMシンフォニーコンサート11月分収録 »

2009年10月17日 (土)

軽井沢の霧の中で

Kk_2 軽井沢のホテルで作曲家のKK氏(62)自殺の報。

 これは深い問題をはらんでいるので、「わかる」とも「わからない」ともコメントできないけれど、ものを作る人間が多かれ少なかれ持っている宿命に関わることは確か。
 若い頃は、創作の根源とは「知力と精神」だと信じているが、ある時それが「体力と肉体」であることを思い知る。その時、それに気付くまで創作者として生きて来られた幸運を天に感謝するか、それを喪失や恐怖と捉えるか…ということなのだろう。
 太宰治もそうだったように、ものを作る人間としては「自らの作品(人生)に自らエンドマークを書き込む」という一種の美学もあるのだろうし。

 同業者としては・・・今後軽井沢で「作曲家のお一人さまは宿泊ご遠慮いただきます」ということにならないよう祈るばかり。

« 我思うゆえに第九あり | トップページ | FMシンフォニーコンサート11月分収録 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 我思うゆえに第九あり | トップページ | FMシンフォニーコンサート11月分収録 »