フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 映画音楽の作り方 | トップページ | タルカス・アメリカ・ミステリー »

2009年11月11日 (水)

鳥たちの時代@関西フィル11/27

Kansai 今月下旬に関西で演奏される「鳥たちの時代」のプログラム解説を(ほかの作曲家たちの解説と一緒に)書く。

 プログラムは…
・吉松隆「鳥たちの時代」
・サンサーンス「ピアノ協奏曲第2番」
・ルトスワフスキ「管弦楽のための協奏曲」

 演奏:藤岡幸夫 指揮 関西フィルハーモニー
  ピアノ:許 忠(シュー・ツォン)
 日時:11月27日(金)、19:00開演
 場所:ザ・シンフォニー・ホール(大阪)

 自分の曲の曲目解説を頼まれる…というのは良くあることだが、さすがに、20年以上も前に書いた作品ということになると、記憶をたぐり寄せるのが(少し)大変。

 作曲家は作品を「生み落とす」けれど、曲がそこから先どう育つかは、演奏家や聴衆との出会い次第。そもそも初演したら後は他人様のモノなのだ。特に、嫁にやってしまった娘に関して「何か話せ」と言われても、男親としては悩むばかり。

 今回の曲(鳥たちの時代)にしても、生み落として以来、親らしいことは何一つしておらず、それでも知らぬ間にすくすく育ってもう23歳。CDになったりこうしてコンサートで演奏されたりという近況を風の便りに聞くたびに、何となく不思議な感覚に襲われるわけだ。

 これって「人の親」と同じ感じなのか、全く違うのか・・・。「人の親」になり損なった身には分からない。

« 映画音楽の作り方 | トップページ | タルカス・アメリカ・ミステリー »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

聴いてきました。
プログラムの曲目解説がまた流麗かつ豊かな文章で…贅沢で心たのしい一夜でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画音楽の作り方 | トップページ | タルカス・アメリカ・ミステリー »