フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・06月04日/11日/18日
    ・07月02日

« 初燗酒 | トップページ | タイトル未定 »

2009年11月24日 (火)

FMシンフォニーコンサート12月分収録

Brahmsq NHK404スタジオで「FMシンフォニーコンサート」12月分1本の収録。

 今回は、12月6日(日)放送分で、ブラームスの大作「ドイツ・レクイエム」。演奏は、チョン・ミョンフン指揮東京フィル、ソプラノ:林正子、バリトン:チェ・ウンジョ、東京オペラシンガーズ。

 全7曲からなる1時間10分の圧倒的大作!…なのだが、1時間40分の番組の中にはめ込むと30分も時間が残ってしまうわけで(うち10分はベートーヴェンの序曲を入れたのだが)、なんと20分近くもブラームス先生について話さなければならない羽目に…。先日「凄くもなく新しくもなく才気も華もない」などと言ってしまった呪いだろうか(+ +;)

 でも、「悲しむものは幸いである.彼らは慰められるだろう」、「人はみな草のごとく、その栄華は草の花のごとし」、「あなたを慰めましょう。母が子を慰めるように」などなど、この曲のためにブラームスが選んだ聖書の語句は、優しさと同時にどこか東洋風の無常観があり、なかなか素敵だ。それを淡々と歌う合唱はどこまでも平明で美しく、演奏も素晴らしかった。

 ブラームス先生の「凄くも新しくもないゆえに凄くて新しい」世界を改めて実感した1時間10分。(・・・まだ言うか!)

« 初燗酒 | トップページ | タイトル未定 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初燗酒 | トップページ | タイトル未定 »