フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日

« 新書版「クラシック音楽探偵事務所」@初校 | トップページ | 横浜・中華街 »

2009年11月 6日 (金)

それでも町は廻っている

Soremachi 月刊誌「アワーズ」連載のコミックス(やまむらはじめ「天にひびき」)に指揮者に関するコラムを書き始め、そこで出会ったのが石黒正数「それでも町は廻っている」という作品。すでに6巻出ているのだが、ちょっとはまっている。

 下町の喫茶店で(なぜかメイド姿で)アルバイトをしている女子高生が主人公のコメディーで、ほのぼの系の絵柄なのにSFや探偵趣味もスクランブルするバランスが絶妙。 
 淡々としているようでストーリー展開は結構緻密だし、作品のあちこちに仕掛けられたネタ(人の名前や看板やTシャツの文字などなど)も凝っていて面白い。


 ただ、最近の漫画家って大変そうだな…と思うのは、こういうコメディものでもディテールがみっちり描き込まれていること。

 むかしの漫画は服なんか輪郭だけでよかったし靴なんてマル描くだけでよかったのに、最近は着ている服から靴から小物まで、メーカーからモデルまで特定できそうな精密さで描かれている。

 まあ、そういうディテールにおける遊びも魅力の一つではあるのだが、これは結構漫画家にとって過酷な時代なのではなかろうか。(・・・もちろんどんな仕事も過酷だろうけれど)

« 新書版「クラシック音楽探偵事務所」@初校 | トップページ | 横浜・中華街 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 新書版「クラシック音楽探偵事務所」@初校 | トップページ | 横浜・中華街 »