フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« ムダの削減@芸術部門 | トップページ | ブラームス先生の凄さ »

2009年11月18日 (水)

コンクール課題曲考

Compe 今年の日本管打楽器コンクール・フルート部門は「デジタルバード組曲」、来年の国際サックス・コンペティションでは「ファジイバード・ソナタ」が課題曲のひとつなのだそうだ。

 なのだそうだ…というのは、別にこういう場合に限らず作曲者には特に何も知らせがないからなのだが、前者は24年前(1985年)、後者は18年前(1991年)の作品で、共に初演の演奏家に「こんなの(難しすぎて)吹けるかッ!」と怒られた超難曲。

 両曲とも「生身の人間には演奏できません!」というお墨付きをいただいたにもかかわらず、20年ほどたつと、コンクールで新人諸君が普通に(…かどうかは分からないが)演奏するようになる。演奏技術の進化とは恐ろしい。

 しかし、どんなものでも初めての道を切り拓くのは命を賭けた大挑戦。「当たり前」で「普通」なものを人間が一つ手にするために、先人たちは血を吐くような努力を重ねてきた。次は君たちの番、というわけだ。


 でも、「こんなの(難しすぎて)吹けるかッ!」と叫んでいるコンクール参加者諸君の声が世界中から聞こえる…ような気がする。

 ……ごめん。

« ムダの削減@芸術部門 | トップページ | ブラームス先生の凄さ »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私は今高校でマリンバを勉強していて、吉松さんの曲が大好きです。
デジタルバードやランダムバードのような曲を是非マリンバで!書いて頂きたいです。
絶対いい曲になると思うので。お願いします

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ムダの削減@芸術部門 | トップページ | ブラームス先生の凄さ »