フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 交響詩ジャングル大帝(2009年版) | トップページ | 松島や・・・ »

2009年11月 1日 (日)

鳥のシンフォニア初演@仙台

Sendaijr1 仙台ジュニアオーケストラの創立20周年記念コンサート(仙台市青年文化センター)にて、委嘱作品「鳥のシンフォニア〜若き鳥たちに op.107」の初演に立ち会う。

 メンバーは小学生から高校2年生までの約120人(うち女の子が3/4ほど)、指揮は山下一史氏。仙台フィルのプロの演奏家たちが各パートのコーチに付いていることもあり、クォリティは「子供の」というレベルを遙かに超え、今回はエルガー「威風堂々」、チャイコフスキー「くるみ割り人形」「イタリア奇想曲」を颯爽と演奏。

 委嘱作「鳥のシンフォニア」は、
 1.プレリュード
 2.トッカータ
 3.ダークステップス
 4.ノクターン
 5.アンセム
 という全5楽章からなる20分弱の曲で、鳥の歌ありミニマルありフリーインプロヴィゼイションありビッグバンドジャズあり夕焼け小焼けありファンファーレありシベリウスありのオーケストラサウンドてんこ盛りシンフォニア。

Zendaijr2 仙台という「杜」の都に生きる「(若き)鳥たち」がテーマで、「難しすぎず、でも易しすぎず」「分かりやすく、でも簡単すぎず」という究極の難題リクエストに七転八倒したものの、ホールを埋め尽くした満員の聴衆の方々の熱き拍手をいただきホッとする。

 それにしても、子供たちによるこういうオーケストラが仙台という地方都市で20年根付いているというのは何とも頼もしい限り。
 そもそもオーケストラというのは、多くが街の名前(ウィーンやベルリンやロンドンなど)を冠しているように、「街」単位の文化集団。これからも大切に育てて、今後さらなる20年、そして100年先に向けて「自分たちの音楽」を豊かな文化にして欲しいと願わずにはいられない。

Yamashita コンサートが終わってから、指揮の山下一史氏らと大成功を祝して打ち上げパーティ。
 ただし、団員は当然ながらすべて未成年なのでビールで乾杯というわけにはいかず、お茶で乾杯してお弁当食べてビンゴ大会(景品はお菓子)という可愛い集い。

 なにしろ舞台から降りれば100人のキャピキャピ集団。世にも珍しい「生きている作曲家」相手に、記念撮影をしたり、サイン責めにしてみたり。

 そして、ようやく子供の寝る時間になり、大人は飲み屋に直行してアルコール補充(笑)
 かくして仙台の夜はふけてゆく・・・

« 交響詩ジャングル大帝(2009年版) | トップページ | 松島や・・・ »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

わたしは仙台ジュニアオーケストラの団員です。
2009年に鳥のシンフォニア演奏させていただきました!
吉松さんの曲を初演出来るなんて、とても光栄でした。
ありがとうございます。
これからも活動頑張ってください!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 交響詩ジャングル大帝(2009年版) | トップページ | 松島や・・・ »