フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 遅春パーティ | トップページ | Yの悲劇 »

2010年1月23日 (土)

鳥たちの時代&夢あわせ夢たがえ

123a 午後、「鳥たちの時代」が演奏される東京シティフィルの定期(指揮:藤岡幸夫)を聴きに、錦糸町のティアラこうとうへ。

 シティフィルを聴くのは一昨年の「鳥は静かに」以来だが、冒頭演奏されたヴォーン・ウィリアムス「タリスの主題による幻想曲」の弦の美しい響きに心洗われる。霧にまみれたイギリスの田園の景色が目の前に広がって、涙が出そうになった。

 続いて演奏された拙作は、なにしろ24年前(33歳)の作品なので、やたらと初々しい(笑)。指揮者が数字のキューを出したり、アドリブだらけのきらきらサウンドがちりばめられているあたりに〈現代音楽クラスター派〉の頃の残滓があって忸怩たるものが少し。でも、拍手を受けてぬけぬけと舞台に上がる。

      *

123b コンサート後半は失礼して、今度は「夢あわせ夢たがえ」が演奏される日本音楽集団定期演奏会(二十絃箏の40年/過去と未来)を聴きに、千駄ヶ谷の津田ホールへ駆け付ける。

 二十絃の「育ての母」である吉村七重さんが、楽器と曲の40年の歴史を俯瞰する一夜。拙作は12年前(1998年)に書いた作品の邦楽アンサンブル版(原曲は二十絃&クラリネット、ヴァイオリン、チェロ)。

 舞台に楽器(二十絃独奏、笙、横笛、尺八2、箏2、打楽器)が並んだ時、一瞬「え?こんな編成で曲書いたっけ??」と頭が真っ白になるも、聴いているうちに「ああ、書いた、書いた」と思い出す(笑)

 こちらも後半は失礼してそそくさと会場をあとにし・・・気付いてみると、2つもコンサートに行って誰ともろくに話していない。
 ものを作る人間は「知的障害のない自閉症」だと誰かが言っていたけれど、確かに人づきあいの悪さはますますひどくなっている気が。

 さて、スコアの続きを書かなくては・・・

« 遅春パーティ | トップページ | Yの悲劇 »

コンサート、放送」カテゴリの記事

コメント

タクシーでお帰りがけにご挨拶できて光栄でした。
タルカスは本当に楽しみにしています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 遅春パーティ | トップページ | Yの悲劇 »