フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« TARKUS for orchestra | トップページ | 帰宅 »

2010年2月 2日 (火)

温泉療養 with 推理小説

Snow_4 半年にわたる大仕事がようやく一段落ついたので、フィンランドの山荘に温泉療養に出かける。

 推理小説の古典名作(むかし一度は読んだことがあるのだが)を10冊ほど抱え、昼は山荘のベランダでコーヒーを飲みつつ、夜は近くの蕎麦屋で熱燗をすすりつつ一冊ずつ読みふける日々……(それってもしかしてフィンランドじゃないだろ!…というツッコミはともかく)

 着いた日の午後から降り出した雪は、何とも絵のようにきれいに降り積もり、静かだし、人はいないし、景色は良いし…の天国模様。

 ただし、うっかり雪道に迷い込むと遭難しそうだし、あまりにも人がいないのでお店もあちこち閉まっているし、昼間の最高気温ですら氷点下なので、ある意味〈生命の危険〉も少し。

Snow2_3 それにしても、客の少ない飲み屋のカウンターで、独り静かに酒をちびちび飲みながら推理小説のページをめくる…。これに勝る至福の時間がこの世にあろうか。

 もし、悪魔に魂を売るとしたら、金でも権力でも地位でもなく、これ(カウンターとお酒と推理小説)だ。

 待てよ、もう売ってしまっているのかも知れないな(笑)

« TARKUS for orchestra | トップページ | 帰宅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この写真をみて、『フィンランドみたいなところなあ』と考えました。本当にフィンランドだったにびっくりしました!吉松先生は、いまもフィンランドにいらっしゃいますか。フィンランドはいかがですか。実は、私はヘルシンキに住んでいる音楽学の学生なんですけれど、吉松先生の音楽が大好きです。今年はヘルシンキにも雪が多いです。吉松先生は、ヘルシンキにいったことがいらっしゃいますか。

私は日本語がまだ本当に下手なんですけれど、ご理解ください。(><)

また例によって軽井沢だろうと思っていたんですが、本当にフィンランドだったんですかw

みなさん、雪景色にだまされてはいけませんsnow

近くに熱かん酒bottleが飲めるソバ屋があるフィンランドの山荘なんかあるわけないじゃないですか。

ずばり中軽井沢の星野温泉。そうでしょうッ bleah

あ、実は軽井沢でしたか!
私はいま、本当にばかだと感じます。フィンランド人ですから、ちょっと簡単すぎてこんなはなしを信じました。(笑)

もちろん、フィンランドにもお酒を飲むができて、ソバ屋や温泉もあって…ですが、そんなに普通な店じゃないものです。

でも、この写真を見て…本当にフィンランドみたいなところだとおもうんです。(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« TARKUS for orchestra | トップページ | 帰宅 »