フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« オペラへの遙かなる道(前編) | トップページ | リハーサル初日 »

2010年3月11日 (木)

K.エマーソン氏からのメッセージ

Emerson 3月14日(日)のタルカス(オーケストラ版)初演コンサートについてキース・エマーソン氏のメッセージが届く。

 "THIS, IS A GREAT HONOUR FOR ME TO HAVE MY MUSIC Played and PRESENTED WITH SUCH ESTEEMED PLAYERS!!!

 Arranger Takashi Yoshimatsu and orchestra play my work in a land I have grown to love since I first visited Japan in 1972 with my band.

 I wrote the ‘Tarkus Suite” 1971 in England. Artist WIliam Neal originally provided the imagery after I came up with a fictitious name for the music I was writing. It was a unique time frame of musical composition and experimentation for me as the changing times and the time changes for England became out of time. I left England as we all had to deal with political issues in subtle ways and it all played its part in the way of things until it grew to define a historic mark as to what is now known as progressive rock music that now falls into contemporary classical.” -- Keith Emerson

「僕の作曲した曲が、世界でも名高く尊敬されている素晴らしいクラシック音楽家達によって演奏されるということは非常に光栄なこと。素晴らしいオーケストラ編曲をしてくださった吉松 隆氏や東京フィルが、僕が初めて訪れた1972年から愛し続けてきた日本でこれを演奏してくれるというのはとても嬉しい事だ。才能ある彼らの手によって、プログレッシブ・ロックは現代のクラシックになるだろう。」 --  キース・エマーソン


 氏は現在、4月からの全米ツアーの準備中で、始めは「このコンサートを聴くためだけに来日したかった」とのこと。(私も実はひそかに、突然シンセで乱入してくれたら!と夢見ていたのだが…(^^)。彼の公式HP日本語ブログおよびFaceBookにも、今回のコンサートの紹介記事あり。

 ・・・いやあ、嬉しい。

« オペラへの遙かなる道(前編) | トップページ | リハーサル初日 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« オペラへの遙かなる道(前編) | トップページ | リハーサル初日 »