フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 邪道か本来の姿か? | トップページ | サマー・ウォーズ&ハルシオン・ランチ »

2010年3月 5日 (金)

日本アカデミー賞受賞式

Negishi 映画「ヴィヨンの妻」(監督:根岸吉太郎)の音楽で優秀音楽賞というのをもらったので、日本アカデミー賞の授賞式というのに出席する。

 豪華なホテルの巨大式典会場で、膨大な数のマスコミとカメラとシャンデリアの下でずっと座っているだけの…もともとパーティの類が大の苦手の身には物凄く居心地の悪い3時間半。

 でも、これだけたくさんの生の俳優さんを間近で見るのは、ちょっと普通の人生ではありえない状況なわけで(最後は生のハト山首相も見たし)、むしろ貴重な体験と感謝するべきか。(ただし、一度でもう充分だけれど…)

Matsu われらが「ヴィヨンの妻」は、ほぼ全部門の優秀賞にノミネートされ、その中で最優秀主演女優賞(松たか子)、および最優秀美術賞を受賞。

 私も、式後、賞状と小さなブロンズのトロフィーをもらったのだが、こんなのをもらうのは高校の時に無遅刻無欠席でブロンズメダルをもらって以来で、嬉しいと言うよりなんだか恥ずかしい気分。

 パーティの前に、最優秀音楽賞を取った池辺晋一郎氏が「ボク、実は松たか子と遠〜〜い親戚(?)なんだよね」と自慢するので、「私なんか一字違いですモンね」と自慢する(笑)

« 邪道か本来の姿か? | トップページ | サマー・ウォーズ&ハルシオン・ランチ »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

松さんが吉松先生と再婚したら戸籍名は「吉松隆子」になるわけですね。

で、吉松センセがムコ入りしたら「松隆」になるわけですねsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 邪道か本来の姿か? | トップページ | サマー・ウォーズ&ハルシオン・ランチ »