フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 模倣と創造 | トップページ | 錫製酒器 »

2010年4月24日 (土)

AVATAR

Avatar 話題の映画「アバター」のBlu-ray版が出たのでようやく見る。

 映像は物凄くきれいで、惑星のジャングルの景色や架空の生物たち、さらにアバター(仮の身体)を介して入り込む青い顔の種族など、全編CGの作り物の世界なのにそのクォリティの高さったらない。Blu-ray版には3Dの立体感はもちろんないが、細部まで描き込まれた鮮明な画面は圧倒的で、手間のかけ方にしてもお金のかけ方にしても、何というか「負けた!」という感じだ。

 ただ、物語の方は、未開の地に金目のものがあるので原住民たちを虐殺してまでかっさらう…という「強盗」のような話。原住民ナヴィ族の姿や文化がアメリカ・インディアンに似ているから、完全にそれと意識しているのだろうが、ジャングルでの闘いはそのままヴェトナム戦争だし、インカ帝国からアイヌ民族までの「先住民迫害」という人類の歴史の暗部が鮮明に映像化された感じで、2時間40分見続けて怖ろしく疲れてしまった。

 最後は一応ハッピーエンド。でも、原住民に感情移入して味方になる(そして蜂起を煽る)主人公の行動は、99%以上の確率で「全住民大虐殺(&種族滅亡)」という最悪の結果を引き起こしたに違いないし、白人側から見れば(アメリカ人がもっとも嫌う)テロそのもの。イルカの虐殺に反対するからと言って、漁船を爆破し漁民を虐殺して良いのか?という感じ。(しかも、そういうツッコミを回避するため、同情の余地なしの悪役を仕込んであるあたりが上手い…もとい、あざとい)。というわけで、いくら「ファンタジー」と言われても、「エンターテインメント」として楽しむには怖すぎる映画かと。

« 模倣と創造 | トップページ | 錫製酒器 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 模倣と創造 | トップページ | 錫製酒器 »