フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 薄幸のヒロイン対決 〜ヴェルディvsプッチーニ(後編) | トップページ | 光風会@国立新美術館 »

2010年4月13日 (火)

ブルーレイは「Blu-ray」と書くらしい

Kubrick2 最近、遅まきながらブルーレイのプレイヤーを買った。きっかけは実家の古いDVDプレイヤーが壊れてしまったからだが、高画質になった「2001年宇宙の旅」と「シャイニング」を見たかったのも大きな理由(++;)。

 基本的には、何十回となく見た映画が「ただ高画質になっただけ」なのだが、初めて「メガネ」をかけて視界が突然クリアになった時のような「全く違った世界」が開けた気分を味わった。(「2001年」はBSでのハイヴィジョン版でも見たのだが、宇宙船の小さな窓に人の姿が鮮明に写っているのには感動。1968年だからもう40年以上前の映画なのに!)

 思わず、色々な映画をブルーレイで見直してみたい衝動に駆られたが、考えてみれば、どんな映画でもブルーレイにすれば鮮明な画像になる…というわけではなく、最初のオリジナル・フィルムが鮮明で、かつそれが良い状態で保存されていなければどうしようもない。
 音楽で言えば、オリジナルの録音テープがモノラルでノイズだらけだったら、いかにデジタル化しても音質に関しては救いようがないのと同じだ。

 もちろん「画質や音質より〈中身〉だ!」というのも正論。しかし、一度これを見てしまうと、むかしのビデオテープの低画質の画面はとても見られない。ビデオにしても動画データにしても、最初に低解像度で制作してしまったら、時代の変化に耐えられないと言うことか。これはなかなか難しい問題を孕んでいるような気が…

« 薄幸のヒロイン対決 〜ヴェルディvsプッチーニ(後編) | トップページ | 光風会@国立新美術館 »

#日記&雑感」カテゴリの記事

コメント

「画質や音質より〈中身〉だ!」という(悪い意味での)パンク的精神論は勘弁と思いつつも,古い3倍速VHSで録った大昔の芝居の録画をHDDレコに取り込んで観てたりします (笑).
『2001年』のBD版は友人宅で観ましたが,めっちゃ綺麗でした.

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 薄幸のヒロイン対決 〜ヴェルディvsプッチーニ(後編) | トップページ | 光風会@国立新美術館 »