フォト

Home page

お知らせ

  • らららクラシック@バルトーク〈管弦楽のための協奏曲〉
    ・NHK-ETV 6月16日(金)21:30〜22:00放送。司会:高橋克典、牛田茉友。ゲスト:関口知宏/吉松隆。
  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・05月07日/14日/21日

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月30日 (金)

タルカス近況

Tarkusw オーケストラ版タルカス(&ピアノ・コンチェルト版アメリカ)CD制作の途中経過報告…ということで、ジャケット用に制作中らしいタルカスのオブジェ(未彩色)の写真が届く。

 おお、リアル! 実物大・・・?

 …なわけはないか。

 CDは今のところ夏(9月頃?)発売予定。NHK-FM(シンフォニー・ホール)での放送は6月初旬になりそう。

2010年4月28日 (水)

IMAX 3D

Imax ひょんなことから白ウサギ(?)に誘われて川崎IMAXの「アリス・イン・ワンダーランド」で 3D 初体験。

 そう言えば、むかし(20年ほど前)黒ネズミ(?)に誘われて、「キャプテンEO」(マイケル・ジャクソン主演によるディズニーランドの3Dアトラクション映画)というのを見たことを思い出した。
 技術的には可能なのになぜか普及しなかったという点で「テレビ電話」と「3D映画」はながらく双璧だったはずだが、何か事情が変わったのだろうか。

 ただ、個人的には、むしろ最近のハイビジョンやBlu-rayの鮮明画像の方が衝撃的。昨日今日あたりBSで放送されていたヒッチコック監督の「知りすぎていた男(1956)」や「めまい(1958)」の画面の鮮明さには思わず目を見張ってしまった。アナログ・フィルムの凄さ侮りがたし!

          *

 夜、代々木に戻って、新しいCDの相談と打ち合わせ。
 CDというメディアもそろそろ終息に向かいつつある現在、音楽はこれからどういう形になってゆくのか、作曲家・演奏家・プロデューサーという三者が顔をつきあわせると、ちょっと微妙な話になる。

 でも、何十万何百万がターゲットのポップスと違って、もともと数百数千くらいが相手の「現代音楽」や「現代邦楽」の世界。しぶとく生き残るのは、案外(少数ながら確実な固定客を持つ)ライヴ主体の音楽家の方なのかも知れない。

2010年4月27日 (火)

調性についての入門書(のようなもの)

Dav 執筆中の「調性についての入門書(のようなもの)」の打ち合わせ。

 そもそもの企画は、クラシック音楽における「ハ長調」とか「ト短調」などの調ごとの解説と名曲紹介本(CD付き)…というシンプルなもの。
 でも「そもそも調性とは?」という話を始めたら、楽典や楽器法やオーケストレイションの話から、人類の起源やキリスト教文化史、さらには自然倍音や音律の科学、果てはジャズからロック(ついでに雅楽や民族音楽)に至る壮大な…もとい収拾が付かない大風呂敷の話に……

 秋には出版予定らしいのだが、これ、ちゃんと書き終わるのだろうか?

2010年4月25日 (日)

錫製酒器

Shuki 天気が良かったのでぶらりと散歩に出た先で、お酒をちびちび飲めそうな錫製の酒器(ちょっと高い)を思わず買ってしまう。

 こういう無駄遣いをした時の言い訳は・・・


・・・自分へのご褒美(^ ^)¥

2010年4月24日 (土)

AVATAR

Avatar 話題の映画「アバター」のBlu-ray版が出たのでようやく見る。

 映像は物凄くきれいで、惑星のジャングルの景色や架空の生物たち、さらにアバター(仮の身体)を介して入り込む青い顔の種族など、全編CGの作り物の世界なのにそのクォリティの高さったらない。Blu-ray版には3Dの立体感はもちろんないが、細部まで描き込まれた鮮明な画面は圧倒的で、手間のかけ方にしてもお金のかけ方にしても、何というか「負けた!」という感じだ。

 ただ、物語の方は、未開の地に金目のものがあるので原住民たちを虐殺してまでかっさらう…という「強盗」のような話。原住民ナヴィ族の姿や文化がアメリカ・インディアンに似ているから、完全にそれと意識しているのだろうが、ジャングルでの闘いはそのままヴェトナム戦争だし、インカ帝国からアイヌ民族までの「先住民迫害」という人類の歴史の暗部が鮮明に映像化された感じで、2時間40分見続けて怖ろしく疲れてしまった。

 最後は一応ハッピーエンド。でも、原住民に感情移入して味方になる(そして蜂起を煽る)主人公の行動は、99%以上の確率で「全住民大虐殺(&種族滅亡)」という最悪の結果を引き起こしたに違いないし、白人側から見れば(アメリカ人がもっとも嫌う)テロそのもの。イルカの虐殺に反対するからと言って、漁船を爆破し漁民を虐殺して良いのか?という感じ。(しかも、そういうツッコミを回避するため、同情の余地なしの悪役を仕込んであるあたりが上手い…もとい、あざとい)。というわけで、いくら「ファンタジー」と言われても、「エンターテインメント」として楽しむには怖すぎる映画かと。

2010年4月22日 (木)

模倣と創造

Musica_2 先日の「盗作」問題にも関連してひとこと。

 音楽の勉強は「模倣」が基本。ベートーヴェンが気に入れば真似して作曲し、ビートルズが好きなら真似して歌う。
 でも、あんまり「才能がある」と、そのまんまベートーヴェンそのまんまビートルズになってしまう。それではただの「盗作」であり「物まね」にしかならない。

 むしろ「才能がない」方が、自分では真似しているつもりなのに、似ても似つかない「聞いたことのない音楽」になる。それこそが「創造」であり「個性」の原点。
 芸事でも、最初から上手く出来てしまう器用な子より、なかなか出来ずに悩みながら鍛錬を重ねる子の方が、一家を成すという。

 新しいものは「マネしそこなった」時にこそ生まれる。プロはそれが許されない可哀想な商売だが、若い人は真似や模倣を怖れちゃいけない。

 才能のない人はさいわいである。
 音楽はあなたのものだからだ。

2010年4月21日 (水)

盗作・拝借・模倣・影響

Song 上海万博の公式PRソング「2010等你来」が岡本真夜の「そのままの君でいて」に酷似している、というネットでの指摘から始まった「盗作」問題、二つの曲を聴いてみると確かに「偶然に似てしまった」という釈明は不可能なレベルで、これは完全にアウト。
 結果、単なる「著作権」問題を超えて国を巻き込んだ大騒ぎになり、作曲者はどうやら雲隠れしてしまったらしい。などと聞くと、同じ作曲家の身としては何だか同情したくなる処も少し。

 ただ、プロなら「90%以上(故意に)マネる」というような言い逃れできないレベルの盗用は絶対せず、リスペクトを込めたバランスで「拝借」するはず。だから「誰が聞いてもそっくり」というレベルになると、これはむしろ「過失」(あるいは初歩的ミス)なんじゃないかと思ってしまうほどだ。

 そもそもポップスのヒット曲は、4小節単位の構成もビートもコード進行もすべて「至近距離」にあるから、逆に「まったく何にも似ていない楽曲」を創るのは不可能。それを逆手にとって「盗作」と言われない程度に「拝借」しまくることでヒット曲を生み出すのが、現代おけるヒット作曲家の「才能」。いや、皮肉ではなく。

 そう言えば、昔、ポール・マッカートニーが「イエスタデイ」を作曲した時、あんまり自然に出来たので「どこかで耳にした曲を書いてしまったんじゃないか」と心配して色々な人に確認して廻ったらしいし、ただ今ヒット中の坂本冬美「また君に恋してる」も、キング・クリムゾンの「ムーン・チャイルド」にサビ部分が酷似しているのは往年のロック・ファンなら既にお気付きのはず。

 100%の「盗作」は同情の余地なくアウトだが、75%の「拝借」、50%の「模倣」、25%の「影響」と考えてゆくと、その境界はかなり曖昧だ。ベートーヴェンはハイドンを模倣し、ビートルズはプレスリーを模倣し、それに「自分の意匠」を加えて次の世代に受け渡してきた。
 先代に敬意を払い、次世代に継承する。それが「音楽文化」というものなのだろう。

 ちなみに今回の件、万博事務局側が曲の同一性を認め、原作曲者(岡本真夜さん)が使用を承諾する…という意外や「大人の対応」で決着しそう。今後は作曲者名のクレジットを変更して明記し、新たに契約を結んで今までの楽曲使用料を支払えば「表向き」は解決。
 ただ、「裏」ではまだまだ色々な意見がくすぶりそうだが…。

2010年4月20日 (火)

FMシンフォニーコンサート5月分収録

Fmsymq NHK405スタジオで「FMシンフォニーコンサート」5月分1本の収録。

 5月9日(日)放送分で、モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調(p:キム・ソヌク)、マーラー:交響曲第1番「巨人」。チョン・ミョンフン指揮東京フィル。

 フルに「巨人」を聴くのは久しぶり。高校の時、わくわくしながら聴いた「青春」(死語?)の音楽。
 でも、マーラーの音楽というのは、くどくて大言壮語で、尊大なくせに繊細で、躁と鬱がころころ変わるし、ヨヨと女々しく泣き伏したと思ったら、次の瞬間こぶしをふりあげて絶叫するし・・・もし同じクラスに居ても絶対に友達にはなりたくないタイプだな。

2010年4月18日 (日)

桜下独酌

Park 執筆中の「調性についての入門書(のようなもの)」がなんとなく煮詰まり、久しぶりに天気も良かったので、気晴らしに遠くの公園までぶらりと散歩。

 音律だの周波数比だの自然倍音だの#♭だのmajor7だのdim5だの…が頭の中にちらちら過ぎりつつ愛でる東京の桜ももう見納め。

 しかし、天気が良ければ散歩する程度にはヒマがあって、それでも死なない程度には仕事があって、なおかつ好きなときに酒が飲める程度にはお金がある…というのは、これ以上望んではいけない最高の幸福のひとつなんだろうな、きっと(~_~)¥。

2010年4月17日 (土)

ナチズムと原爆と現代音楽

1q84_2 まだ未読で恐縮なのだが、巷で話題の村上春樹「1Q84」(Book3)に、「世界はナチズムと原爆と現代音楽を通過しつつも、なんとか生き延びてきた」というセリフがあるそうで、「あれって原典は吉松さんですか?」と聞かれてしまった。

 さて、どういう文脈でのセリフか分からないのでコメントは難しいが、確かに「二十世紀には、最初は未来への希望と夢に燃えて産み落とされながら、結果的に悪夢にしかならなかったものが幾つかある」という脈絡の中で、ソヴィエト共産主義やナチズムそして原子力(原爆)と並んで「現代(無調)音楽」を挙げた現代音楽撲滅論を20年以上前からあちこち書き散らしてきたのは私です。

 もちろん「現代音楽にそんな破壊力があるわけないじゃん」とツッコまれるためのボケを前提とした挑発アジ文で、そのあたりは「巨人、大鵬、卵焼き」(ちょっと例が古いが)とか「地震、カミナリ、火事、オヤジ」などと同じ。それなのに、中には真面目に「卵焼きはスポーツではない」とか「オヤジは災害ではない」(ごもっとも!)というような反論をしてくださる…まんまと挑発に乗ってくれた…もとい、真っ正直な若い方もいて、なんだか申し訳なく思っているところも少々。
 
 ツッコむとしたらむしろ「(原爆やナチズムと比べるほど)現代音楽を過大評価している」という点であって、逆にその点を突いて「実は吉松センセは〈現代音楽振興派〉なんでしょ!」という鋭い指摘をしてくる人の方が、この「人の悪い世界」で生き延びることが出来そう。ほとぼりが冷めたら読んでみようか「1Q84」。
 

2010年4月16日 (金)

ヨーロッパ上空

Flightr アイスランドの火山噴火で、大量の火山灰がヨーロッパ上空を漂い始めたため、イギリスを中心にヨーロッパ中の飛行場が閉鎖中とか。

Ashcloud <画像は(リアルタイムでヨーロッパ上空を飛ぶ飛行機の位置が分かる)Flight Radar24で見る昨日(上)と今日(下)の様子。黄色い印が飛行機。

 大西洋から北ヨーロッパ全域にまったく機影がないのが分かる。

2010年4月14日 (水)

光風会@国立新美術館

Kofuha 母が毎年作品(工芸部門)を出している光風会展を見に、六本木の国立新美術館へ行く。

 様々な作風の(1000点前後はありそうな)色とりどりの絵画と工芸の間を歩いていると、なんとなく花壇を散策しているような気分。

 でも、そのひとつひとつの作品の向こうに、煩悶している作家とその家族とそれぞれの人生があると思うと、不思議な怨念の風がひたひたと頬をなでるのを感じたりもするけれど・・・

 会期は本日14日から26日(月)まで。(写真は許可を得て撮影しました。念のため)

Kofuhb

2010年4月13日 (火)

ブルーレイは「Blu-ray」と書くらしい

Kubrick2 最近、遅まきながらブルーレイのプレイヤーを買った。きっかけは実家の古いDVDプレイヤーが壊れてしまったからだが、高画質になった「2001年宇宙の旅」と「シャイニング」を見たかったのも大きな理由(++;)。

 基本的には、何十回となく見た映画が「ただ高画質になっただけ」なのだが、初めて「メガネ」をかけて視界が突然クリアになった時のような「全く違った世界」が開けた気分を味わった。(「2001年」はBSでのハイヴィジョン版でも見たのだが、宇宙船の小さな窓に人の姿が鮮明に写っているのには感動。1968年だからもう40年以上前の映画なのに!)

 思わず、色々な映画をブルーレイで見直してみたい衝動に駆られたが、考えてみれば、どんな映画でもブルーレイにすれば鮮明な画像になる…というわけではなく、最初のオリジナル・フィルムが鮮明で、かつそれが良い状態で保存されていなければどうしようもない。
 音楽で言えば、オリジナルの録音テープがモノラルでノイズだらけだったら、いかにデジタル化しても音質に関しては救いようがないのと同じだ。

 もちろん「画質や音質より〈中身〉だ!」というのも正論。しかし、一度これを見てしまうと、むかしのビデオテープの低画質の画面はとても見られない。ビデオにしても動画データにしても、最初に低解像度で制作してしまったら、時代の変化に耐えられないと言うことか。これはなかなか難しい問題を孕んでいるような気が…

2010年4月10日 (土)

薄幸のヒロイン対決 〜ヴェルディvsプッチーニ(後編)

Vp Blog「月刊クラシック音楽探偵事務所」4月号更新。

 今回は、ヴェルディvsプッチーニの後編「薄幸のヒロイン対決」。「椿姫」のヴィオレッタと「ラ・ボエーム」のミミ…という二人のヒロインを巡るヴェルディとプッチーニの「男の純情」対決。

2010年4月 9日 (金)

週刊「金曜日」と「題名のない音楽会」

Cut001a 週刊「金曜日」で「八分音符のつぶやき」というエッセイの連載(イラスト付き!)を始めることになり、第1回の原稿を送付。
 掲載は4月16日(金)号。月1〜2回の不定期連載予定。

 池上英樹さんと御喜美江さんが「アトム・ハーツ・クラブ・デュオ」のマリンバとアコーデオンのデュオ版に挑戦。
 4月11日(日)の「題名のない音楽会」〈春は打つべし!パーカッショニスト・池上英樹〉で披露予定とのこと。

2010年4月 7日 (水)

ヴィヨンの妻@DVD

Dvdvillon 映画「ヴィヨンの妻」のDVD届く。

 音楽を付ける時にも試写会でもさんざん繰り返し見たわけだが、DVDになってちょっと距離感を持って見直すと、また違った味わい。
 成瀬巳喜男や小津安二郎を思わせる昭和の香りと、精緻に創られた室内楽的なサイズの世界が心地良い。

 美術(居酒屋や屋台や家のセット)が良くできているので、それをしみじみ見直すのも楽しみ。古びた木の家の横に積まれたガラクタとか、居酒屋で出される煮込みとか…なかなか良い味を出しているし。

 ただ、音楽は…(改めて聴いてみると)ぜんぜん太宰治(浅野忠信)にピントがあってなくて、岡田青年(妻夫木聡)の見た佐知(松たか子)…みたいな視線(^^;)
 元々は「人非人を夫に持った女の強さ(怖さ?)」がテーマのはずなのに、ちょっと抒情(きれいごと)に流れすぎたか・・・

2010年4月 5日 (月)

iPad で Score

Ipadscore アメリカでiPad発売。早くも楽譜や総譜を見ることが出来るアプリ(forScore)が登場。

 単純にPDFの楽譜をめくれるだけの仕様のようだが、著作権フリーのクラシック名曲の楽譜の多くはIMSLPというサイト(文学で言う「青空文庫」のようなもの)で無料PDFデータが手に入るので、スコアや楽譜を読む画期的かつ最強デバイスになる予感。楽譜出版社にとってもかなりの脅威になりそう。

 分厚いスコアも全部PDF化して収納できるから、例えばベートーヴェン・ブラームス・ブルックナー・マーラーの全交響曲とワーグナー・ヴェルディ・プッチーニの全歌劇のスコアをこれ一台に入れて持ち歩く…ということも可能。(これが本当のポケットスコア)

 作曲家にとっても、自作を(売れない交響曲でも未発表のオペラでも)一人でPDF出版する可能性が開ける新しい時代の到来?・・・なのかも知れない(…それでも、売れないものは売れないって?)。

2010年4月 3日 (土)

怖・・・

Violinxx 一瞬、「え?」と考えてから、じわじわと怖さが伝わってくる写真一枚。


 そう言えば昔、爪切りピチカート(爪切りでヴァイオリンの弦をぷつんと切ってゆくという禁断の特殊奏法)というのを考案した作曲家がいたそうだが・・・・・演奏されたという記録は残っていない。

 もうひとつ、ハープのカッターナイフ・グリッサンドというのもあって・・・(@_@;)

2010年4月 1日 (木)

エイプリル・クール

Sakuras 4月になったというのにまだ微妙に寒い。

 それでも、仕事場の窓から見える一本桜はほぼ満開。
 一日中ほとんど日が射さない暗い部屋なのだが、一年に一週間だけピアノを弾きながら花見が出来るのが唯一の取り柄。

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »