フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« 工事難民 | トップページ | 深山幽谷 »

2010年5月28日 (金)

iPad届く

Ipadw iPad届く。仕事場と実家には無線LANがあるので、3GなしのWi-Fi 32GB モデルを選択。
 
 大きくなったカレンダー(iCalと同期)がきれいで、「i文庫HD」と「eBook」での読書は具合よさそう。英語堪能の人は「iBooks」。特にイラストや写真入りの本は美しい。

 ただ、小さい&軽い…と期待しすぎたせいか、第一印象は「意外と重い」。
 サイズは悪くないのだが、寝転がって本を読む…などというのはちょっと無理か。

 iPhone用のアプリはほぼすべて動くが、全画面大にすると大きくなったぶん画像が粗くなるものがほとんど。徐々にiPad用のものが増えることを期待。

 PDFにしたスコアは「forScore」というアプリで読める。縦型でスコア1ページがちょうどいい大きさ。赤ペンによる書き込みも出来るから、スコアリーディングには最適。

 □付記:forScore(¥600。MGS Development)は、画面右下を指先で触れるだけでページがめくれるので、譜面台に置いてピアノや楽器を演奏できる。(…やってみました(^^)。ただし、音符はちょっと小さめなので、目のいい人向け)。また、メトロノームが付いているので、テンポに合わせての練習も可能。
 ピアノの練習用を想定しているのか、サンプルの楽譜はピアノ曲だけだが、IMSLPからパブリックドメインの楽譜(PDF)をパソコンにダウンロードして転送すれば、Mozart,BeethovenはもちろんRavel,Sibelius,Schoenbergあたりまでのスコア(およびパート譜)がすべて無料で手に入る。BrucknerやMahlerサイズの交響曲でも20〜30MBほどだから、iPad(16GB)ひとつで千冊近いスコアを持ち運び可能ということになる。音楽出版業界にとってもかなり衝撃のデバイスである。

« 工事難民 | トップページ | 深山幽谷 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

ドコモでiPadの人はこれにしてるみたいですね。
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100518mog00m020020000c.html
http://www.mdn.co.jp/di/newstopics/13414/

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 工事難民 | トップページ | 深山幽谷 »