フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« iPad音楽系アプリ | トップページ | 珈琲は(たぶん)酒じゃない »

2010年6月 6日 (日)

重宝アプリ

Ibunko ここしばらくiPadを使っていて、もっとも使用頻度が高いのはどうやら「i文庫HD」というアプリだ。

 もともとは青空文庫(著作権Freeの作家の書籍を無料提供している日本のサイト。一万冊近い古典名作が収録されている)を読むためのアプリケーションで、使い勝手やめくり機能なども含めて英語版「iBook」の日本語版といったところ。

 しかし、基本は「PDFを読む」ツールなので、画集や写真集やコミックスはもちろん、スコア(楽譜)から自分のパソコンの中にある文書や書類からイラストまで、PDF化しさえすればそのまま一冊の本の形で読書が可能。(Macでは「プレビュー」というソフトで簡単にPDF化できる)。iPad用アプリとしては少しお高いが、ある意味、万能の読書ツールと言えそうだ。

 問題は、この「PDF」という規格にどのくらい普遍性があるかだ。紙製の本は一応半永久的に読めるが、この種のデータは再生するメディアが無くなれば読めなくなり、ただのゴミになる。このアプリで数千冊ほど本を収集したところで10年先に規格が変わり、(ベータのビデオやレーザーディスクのように)すべて読めなくなってしまったら、ちょっとつらい。

 それでも、これによって作者から読者へ産地直売(流通コストゼロ)の出版形態が可能になったことは大きい。もしかしたらこれは、グーテンベルクによる活版印刷発明以来の革命…なのかも知れない。

« iPad音楽系アプリ | トップページ | 珈琲は(たぶん)酒じゃない »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« iPad音楽系アプリ | トップページ | 珈琲は(たぶん)酒じゃない »