フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・12月10日/24日

« イラストと騒音 | トップページ | タルカスSample盤 »

2010年7月14日 (水)

iPad常用アプリ

Apri iPadで使用頻度の高いアプリ6つを紹介。

 「i文庫HD」は、読書用スタンダード・アプリ。PDF書類も読めてしかも左右どちら開きにもなるので、文書(PDF)も楽譜(スコア)も結局これが一番使い勝手がいい。「青空文庫」で古典作品も多数読めるので、最近、魯山人とか漱石とかを読書中。

 「ebiReader」は、eBookJapanで購入した電子書籍を読むアプリ。ネット内の「トランクルーム」に買った本を保存しておいて、ダウンロードして読むので、もし本体を壊しても蔵書は無事。ホームズ全集およびコミックス300冊ほどを蔵書中。

 「産経新聞HD」は、その名の通り産経新聞が毎朝読めるアプリ。読んだあと古新聞紙が残らないのが画期的(?)。朝日・読売もこの形で読めたら、紙の新聞はもう要らないかも知れない。月1500円(日:50円)。

Sho 「iShodo」は、筆で字を書く書道アプリ。これで書道が上達する…などということはなさそうだが、思い付いた「ひとこと」をメモ?するのが楽しい。

 「ToDo」は、「しなきゃならないこと」を管理するメモ帖。昔のシステム手帳みたいな雰囲気のデザインで、現時点では〆切やスケジュールの確認にもっとも重宝しているアプリ。

 「瞬間日記」は、思い付いたことをすぐその場でメモれる雑記帳。Twitterと同じで140字以内。日にちと時間が付記され、検索も出来るので、アイデア帖(ネタ帳)として日々5〜6コのネタが増殖中。

« イラストと騒音 | トップページ | タルカスSample盤 »

ネット、パソコン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« イラストと騒音 | トップページ | タルカスSample盤 »