フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・10月01日/08日/15日/29日
    ・11月05日

« タルカス発進 | トップページ | 今週のひとこと »

2010年7月23日 (金)

打ち合わせ&取材

Tarkusfig 新著「運命はなぜハ短調で扉を叩くのか?」の最終校正があがってきて、打ち合わせ。
 これから最終チェックをして、特に問題がなければ、夏休みの終わり頃には店頭に並ぶ予定。


 午後、コロムビアでタルカスCDについての取材を受ける。今日は「朝日新聞」と「ぶらあぼ」。
 毎回、「フィギュアのタルカスくんと2ショット」で写真撮影。しかし、これって知らない人が見たら、ヘンなオモチャ持って笑ってるただの危ないオジサンのような気が…。

 取材では必ず「次(第2弾)は?」と聞かれるのだが、まず体力的に難しいかと(++;)。それより、今回のCDを聴いて「なんだこんなの!」と言い張る若い作曲家が出て来て、もっと面白くて意外な題材の第2弾を書いてくれたら、というのが希望。
 アドバイスはただひとつ。「やれるもんなら、やってごらん」


Tureutu 取材後、コロムビアの人が「今、こんなCDを作ってるんですけど」と見せてくれたのが、「ツレうつクラシック」→。

 ベストセラーになったコミックエッセイ「ツレがうつになりまして」のツレさんが、鬱から脱出する際に聴いていたお勧めクラシック曲を紹介するコンピレーション・アルバムで、冒頭が私のピアノ曲(ピアノ・フォリオ、5月の夢の歌ほか)なのだそうだ。

 ちなみに、私と「ツレうつ」との出会いはこちら。CDは8月18日発売予定。

« タルカス発進 | トップページ | 今週のひとこと »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タルカス発進 | トップページ | 今週のひとこと »