フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« 8月末〆切 | トップページ | マリンバ協奏曲〜鳥とリズムと代表選 »

2010年8月31日 (火)

組曲「優しき玩具たち」

Tendertoyss あまりにも不思議な編成のため作曲に七転八倒していた…舘野泉さん演奏生活50周年記念委嘱作品…ようやく完成。

 ちなみに、編成は、クラリネット、トランペット、ヴァイオリン、チェロ、左手ピアノ。
 これは舘野泉さんからの「芸大で同窓のクラリネット浜中浩一&トランペット北村源三両氏(+息子さんたちのヴァイオリンとチェロ)と一緒に演奏できるアンサンブル曲を」というリクエストによるもの。そんな編成の作品はおそらく世界中どこを探しても……あるわけがない!(+ +;)

 というわけで、アンサンブルとしては最初から「ありえない」この組み合わせで…左手ピアノが主人公でありつつ、ゲストであるクラリネット&トランペットとの絡みもあり、祝賀しつつ回想もし、遊びつつもシリアスで、ちょっと笑わせつつちょっぴり泣かせる…という難題に挑戦することになったわけだが・・・

 結局、旧作「優しき玩具」の旋律を狂言回しにして、おもちゃ箱の中の7つの玩具を回想する「展覧会の絵」仕立ての組曲になった。全8曲で20分ほど。op.108。

 もう一曲、共演するメンバー全員(上記の編成プラス、フルート、コントラバス、パーカッション)で演奏可能なアンコール用アレンジ小品も脱稿。曲名は…内緒。

 初披露は、10月22日:札幌、26日:福岡、11月10日:東京、来年2月6日:大阪。コンサートの詳細はこちら

« 8月末〆切 | トップページ | マリンバ協奏曲〜鳥とリズムと代表選 »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

なるほどこの様な経緯で作られた曲だったのか・・・。
曲のタイトルも興味深く、楽譜の発売が今から楽しみだな~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 8月末〆切 | トップページ | マリンバ協奏曲〜鳥とリズムと代表選 »