フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・07月02日/09日/16日
    ・08月06日

« 時代を思う夏 | トップページ | 運命はなぜハ短調で扉を叩くのか? »

2010年8月25日 (水)

ツレうつ鼎談

Zre_2 人気コミックエッセイ「ツレがうつになりまして」から生まれたCD「ツレうつクラシック」の発売を記念して、しんぶん「赤旗」でツレさん(望月昭氏)&漫画家:細川貂々さんと鼎談。

 今回のアルバムは、クラシック音楽好きのツレさんが、鬱病から抜け出すときに愛聴していた曲を中心に一枚にしたもので、私のピアノ曲(ピアノ・フォリオ、5月の夢の歌など)が第1部。そのあと第2部にシベリウス〜オネゲル〜ショスタコーヴィチ〜と続くあたりに、マニアの視点がキラリ!

Tureutu 単なるクラシック名曲のコンピレーション・アルバムではなく、現代を生きる人へ送るエールのような選曲になっているのが特徴。
 ジャケットのお手製の焼き物人形?も可愛い。

 ツレうつとの出会いについてはこちらこちらのBlogを参照のこと。

 
 そのあと、仕事場に戻って「モストリークラシック」の取材を受ける。

 CD「タルカス」と、東京ニューシティ管弦楽団の創立20周年記念コンサートでの「鳥の三部作(朱鷺によせる哀歌/鳥は静かに/鳥はふたたび)」の上演がらみでインタビュー。

 曲を書く時というのは、ただただ「必死」なだけで、後先のことなどまったく考えていないが、聴いてくれた人、演奏してくれた人、それぞれが心の中で「育てて」くれる。これは本当に作曲家冥利に尽きる幸せだ。

 例えて言えば、生んだっきりすっかり忘れていた娘が、知らないうちに誰かに育てられて大きくなり、お土産たくさん持って訪ねてくる……みたいな?(~..+)?

« 時代を思う夏 | トップページ | 運命はなぜハ短調で扉を叩くのか? »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 時代を思う夏 | トップページ | 運命はなぜハ短調で扉を叩くのか? »