フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・09月03日
    ・10月01日

« 優しくない夏の玩具たち | トップページ | 夏休み総力特集「ロックmeetsクラシック」 »

2010年8月 8日 (日)

プログレッシヴ写楽

Progre_2 一日だけ夏休み。NHK-FM「今日は一日プログレ三昧」を聴きながら、島田荘司「写楽 閉じた国の幻」を読む。

 夏休みに読むのを楽しみにとっておいた、島田荘司氏の新作は686ページの大著。子供を事故で亡くした男が、ひょんなことから写楽の謎(写楽とは誰だったのか?)に肉薄する……という話なのだが、さすが島田センセというべき「アッと驚く謎解き」が展開。驚きの「写楽=○○説」の最新仮説が登場する。

 その驚愕の正体は本書を読んでいただくとして、確かに浮世絵というのは、原画を描く「絵師」がいて、その絵を元に版木を彫る「彫り師」、そしてそれを刷りあげる「刷り師」がいる。
 ということは、原画がもし「モナリザ」だったとしても、一級の版下絵師と彫り師と刷り師の手を経れば、それらしい「浮世絵」になることは充分あり得る。
 写楽のあのデフォルメされたユニーク極まりない絵柄は、浮世絵にも歌舞伎にも素人の「予想外の人物」の手によるものだったからこそ…という説はかなり説得力がある。

 さらに、この新説、「なぜ写楽個人に関する記録どころか伝聞すら皆無なのか」という点も納得させるのが重要ポイント。そして実際に、当該人物が写楽の活躍した1794年の江戸にいた…と判明するくだりは、もはや小説なのか史実なのか分からなくなるほどの衝撃だ。
 もっとも、真面目に研究している学者からは総スカンを食いそうな奇説だし、もしこれが真相なら日本美術史の常識を覆す大スキャンダル。そうそう簡単に賛同する人は出ないだろうけれど。

 ちなみに、冒頭で謎の浮世絵下図に「鬼は外、福は内」とオランダ語で書かれていた……という下りで、もしかしたら「写楽はゴッホだった」と言うんじゃないだろうな!と思わず妄想。(ちなみに、写楽の活躍年は1794年。ゴッホは1853年生まれで1890年没。生きた年代が100年近く違う)

 でも、御手洗潔が主人公だったらやりかねなかったんじゃなかろうか。

« 優しくない夏の玩具たち | トップページ | 夏休み総力特集「ロックmeetsクラシック」 »

本CD映画etc」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 優しくない夏の玩具たち | トップページ | 夏休み総力特集「ロックmeetsクラシック」 »