フォト

Home page

お知らせ

  • 音楽館
    作品視聴…映像付き
  • 楽譜出版《ASKS.orchestra》交響曲,協奏曲,室内楽などのスコアを電子版(PDF)で販売中。海外向け→**
    出版作品一覧→***NEW
  • 《図解クラシック音楽大事典》(学研)イラストとまんがでオーケストラや楽典から音楽史までを紹介する掟破りの入門書。旧〈音楽大事典〉の超大幅改訂復刻版。
    作曲は鳥のごとく》(春秋社)自らの作曲家生活を綴った独学の音楽史@2013年3月刊
    《調性で読み解くクラシック》(ヤマハ)調性および音楽の謎を楽理・楽器・科学・歴史から読み解く文庫版入門書。
  • ブラボー!オーケストラ
    ・NHK-FM 毎週日曜日19:20~20:20放送。毎月第1-2日曜日(+α)東京枠解説担当。
    ・03月12日/19日/26日
    ・04月02日/09日/16日

« モッキンバードの離陸 | トップページ | 名古屋ネタ »

2010年9月15日 (水)

鳥たちの鉄則

Works 作曲家として演奏家に新作を提供するにあたっては3つの鉄則がある。

 1.〆切を守ること。ただし、万一〆切より早く出来ても、決して楽譜を見せないこと。
 …〆切厳守は(作家によって個人差があるが)職業上のポリシー。私の場合、通常「初演の一月前」(+パート譜作成期間)が基本だが、中には「3日前」と豪語する作曲家もいる。演奏家としては、楽譜が全くない状態でコンサートが近付くのは恐怖なので「早く見せてください」とせがむが、曲を理解する以外の余計なことを考える「余裕」を与えてしまうので厳禁(++;)。ちなみに、プロなら普通どんな曲でも「3日」あれば弾けるし、3日かけて弾けない曲は3年かけても弾けない。

 2.演奏家が「演奏不可能」と言っても信じないこと。
 …今までたくさん曲を書いてきて、中には初演のとき演奏家に「この曲は難しすぎて弾けません」と断言された曲も10はくだらないが、10年もたつと、若い演奏家や学生さんがリサイタルやコンクールで平気で演奏するようになる。最近、サクソフォンのコンクールで「ファジーバード・ソナタ」、管楽器コンクールで「デジタルバード組曲」、ギターコンクールで「風色ベクトル」、アコーデオンのコンクールで「オニオンバレエ組曲」がそれぞれ課題曲となったそうなのだが、いずれも初演の時は「演奏不可能」のお墨付きを貰った曲ばかりである。

 3.演奏する「姿」に惑わされないこと。
 …聴衆にとって演奏家のアクションは「音楽を聴く楽しみ」のひとつだが、作曲家は違う。演奏家がどんなに熱演のポーズをしても「音」にそれが出ていなければNG。逆に、どんなに見てくれが変でも「音」が音楽を描いていればOK。むかし、とある現代音楽の新作で指揮者がノリノリの指揮をしていたので「そんなにあの曲、気に入ったんですか?」と聞いたら、「いやあ、面白くない曲だから、指揮だけでも面白くと思ってネ」とウィンク (^_-)-☆。なので、特にCDなどの録音の時は、演奏家の熱演ポーズでうっかり「OK」を出すのは危険。音楽を聴くには、演奏家を見ずに聴くべし。

 ちなみに、演奏家の鉄則はただひとつ。「作曲家の言うこと(&楽譜に書いてあること)をすべて信じてはいけない」(^^)
 
 注)以上の鉄則はプロの音楽家限定。音楽を純粋に愛好するアマチュアはこの限りではないので、念のため。

« モッキンバードの離陸 | トップページ | 名古屋ネタ »

仕事&音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« モッキンバードの離陸 | トップページ | 名古屋ネタ »